個別指導Axis(アクシス) HOME>愛知県TOP>入試情報>大学入試情報

全国の大学入試動向

大学全入時代と言われますが、難関大学の志願者は増加傾向で難易度にも変化がありません。
入学定員が入学希望者数を上回る「大学全入時代」を迎えつつあります。確かに少子化による競争率の低下、大学・学部の新設や受験機会が増加するなど、合格しやすくはなっています。しかし、実際には人気のある大学に受験生は集中し、難関大の志願者は逆に増加傾向にあります。難易度にも変化がないのが現状ですので、人気の大学・学部はますます入りにくくなっています。こうした状況を踏まえたしっかりとした受験対策が必要です。

AO・推薦入試

AO入試カレンダーAO入試での入学が急増。推薦入試と合わせると大学進学者の半数に迫る勢いです。
大学入試は国公立大・私立大ともに、「一般入試」「AO入試」「推薦入試」の3つに分かれます。AO入試・推薦入試の割合は年々高まる傾向にあり、4年制大学進学者全体の半数に迫る勢いです。AO入試は、書類審査・小論文・面接などを組み合わせて学習意欲の高い生徒を取る入試制度です。推薦入試と受験科目は似ていますが、「グループディスカッションなど推薦入試にない選抜方法を採用」「じっくりと人物を評価するため選考に時間をかける」などの点で異なります。国公立大学を中心にAO入試は増加していて、AO入試は2015年度72校で実施され、2016年度は75校で実施されます。他方、一部の難関私大でAO入試を廃止する動きもありますので、志望校の入試動向には十分注意しましょう。

センター試験

センター試験は、国公立大・私立大の約9割が利用。
国公立大では5教科7科目試験が標準です。

2015年度のセンター試験の志願者数は55万9千132人。2016年度は国公私立合わせて693の4年制大学がセンター試験を利用します。私立大のセンター利用数は、2016年度入試では527大学にのぼっています。主要な国公立大のほぼ全てにおいて5教科7科目が課せられるようになっており、受験生にとってはかなりの負担になっています。幅広い科目での基礎学力の強化がますます重要です。2015年度から数学・理科で新課程入試が先行実施され、2016年度入試は、英語・国語・地理歴史・公民が高校での新学習指導要領(新課程)に対応した出題になります。特に、理科は物理・化学・生物・地学が基礎科目と発展科目に分かれ、センター試験での選択パターンが複雑化しました。「国立大・公立大・私立大」併願受験で選択パターンが多様化するため、共通する科目を優先し併願する大学を決め、科目選択次第では志望先の大学が限定される場合があるので、科目選択に留意する必要があります。

国公立二次/私大入試

大学ごとに配点パターンが異なる国公立二次試験。小論文・面接を課す大学が増加傾向です。
私大入試は複雑で多様化。志望する大学・学部の入試方式に合わせた対策が不可欠となります。

国公立大の二次試験は「センター試験重視型」「二次試験重視型」「平等配点型」と志望大学によって配点パターンが異なるので、注意が必要です。二次試験で小論文や面接を課す大学も増えています。私立大の入試の基本は3教科型の受験ですが、センター試験利用のほか、複線入試・得意科目重視型・試験日自由選択制・地方試験・ユニーク試験などがあり、同じ大学の同じ学部で複数回の受験も可能です。このように多様化する入試方式の情報をつかみ、志望する大学・学部ごとの対策が必須となります。

愛知県の主要大学入試動向

■国公立大学の場合
愛知県には、国立大学が4校(名古屋大学・名古屋工業大学・愛知教育大学・豊橋技術科学大学)と公立大学が2校(愛知県立大学・名古屋市立大学)あります。

名古屋大学

名古屋大学は、1871年に「仮病院・仮医学校」として創設されました。1881年には、愛知医学校と改名し、医学系の学校でした。その後、1939年に、名古屋帝国大学となり、今の名古屋大学となったのは1947年です。学部には、文学部・教育学部・法学部・経済学部・情報文化学部・理学部・医学部・工学部・農学部があります。キャンパスは、事務局やほとんどの学部が集中する名古屋市千種区と医学部・附属病院を持つ鶴舞地区が中心となっています。

〈入試の傾向と対策〉
入試傾向は、全ての学部で一般入試と推薦入試を含む特別枠の入試があります。一般入試は、前期がメインとなり、後期は実質的には廃止されています。2013年度からの変更点として、医学部前期の2段階選抜、教育学部の推薦から前期日程への募集人数移動がありました。推薦入学は、学部によりセンター試験を課すものと課さないものがあります。入試日程は例年、11月20日前後に推薦入試、2月25日前後に一般入試となっています。英語は、毎年問題構成に多少の変更がありますが、主に長文(500~700字程度)が2題出題され、会話文が1題、英作文が4~8題程度出題されます。

名古屋市立大学

名古屋市立大学は、明治17年(1884年)に設置された名古屋薬学校にその端を発します。昭和25年(1950年)4月1日、名古屋女子医科大学と名古屋薬科大学を統合して、医学部(旧制)と薬学部(新制)2学部を有する名古屋市立大学が発足しました。その後、様々な変革を経て、平成18年4月1日、公立大学法人名古屋市立大学として、新たなスタートを切ることとなりました。キャンパスは、名古屋市瑞穂区が中心となっています。

〈入試の傾向と対策〉
名古屋市立大学の入試は、学部によって教科・科目・配点比率が異なります。医学部の場合、5教科7科目。特に、数学・理科の配点が前期日程で総計1200点中600点を占め、個別学力検査でも英語とこの2教科と面接が課せられます。また、医学部と薬学部は名古屋大学医学部と並んで県内では最難関の入試となります。

愛知教育大学

愛知教育大学は、1873年に愛知県養成学校として創設されました。その後数々の統廃合を経て、1966年愛知教育大学と改名をし、1970年に現在の地区に移転をしました。教育目標としては、「平和で豊かな世界の実現に寄与しうる人間の教育をめざす」となっています。キャンパスは、愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢にあります。

〈入試の傾向と対策〉
入試傾向は、前期試験・後期試験ともセンターが重視されるので、センター試験でしっかりと点数をとる必要があります。個別学力検査は、選考によりその専門科目や実技試験が課されます。

■私立大学の場合

南山大学

南山大学は、1949年に創設されました。「カトリック世界観に基づいた学校教育」を理念として、『人間の尊厳のために』を教育のモットーとしています。全国でも最難関とされている外国部学部以外に、人文、経済、経営、法学、総合政策、情報理工の学部があります。キャンパスは、名古屋市昭和区と瀬戸市にあります。

〈入試の傾向と対策〉
「一般入試」「センター利用入試」に加えて、新しく「全学統一入試」が新設。受験の機会が増え、複数の学部の出願が可能になりました。対策としては、英語の長文速読力、読解力が必要とされます。また、癖のある日本史・世界史の対策が必要です。

愛知淑徳大学

愛知淑徳大学は、1975年に創設されました。以前は、女子大学であったが、1995年からは共学となっています。『10年、20年先に役立つ人材を育成』を教育目標としており、8つの学部で構成されています。キャンパスは、名古屋市千種区と長久手にあります。
〈入試の傾向と対策〉
受験に必要な科目が、「英語」「数学」「理科」「地歴」から2科目選択であるので、得意科目に集中した受験対策を行うことが必要になります。

名城大学

名城大学は、1949年に創設されました。8学部、23学科を擁する中部圏最大の総合大学です。立学の精神として、「穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する」を掲げています。キャンパスは、名古屋市天白を本部とし、八事、可児にもキャンパスを持ちます。

〈入試の傾向と対策〉
特に英語に関しては、2008年から連続して出題内容の変化があります。したがって、前年度のみの過去問対策だけでなく、数年前の問題や他学部の過去問にも取り組む必要があります。文法・語法・語彙、記述対策も必要になります。

一度アクシスにご相談・お問い合わせください

勉強のきっかけや、今の現状を変える具体的な方法をお探しでしたら、ぜひ一度アクシスにご相談ください。個別に学習相談を行い、一人ひとりに合った学習プランをご用意させていただきます。

全国の個別指導Axis

wao nanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。

ページの先頭へ