個別指導Axis(アクシス) HOME>千葉県TOP>入試情報>大学入試情報

全国の大学入試動向

大学全入時代と言われますが、難関大学の志願者は増加傾向で難易度にも変化がありません。
入学定員が入学希望者数を上回る「大学全入時代」を迎えつつあります。確かに少子化による競争率の低下、大学・学部の新設や受験機会が増加するなど、合格しやすくはなっています。しかし、実際には人気のある大学に受験生は集中し、難関大の志願者は逆に増加傾向にあります。難易度にも変化がないのが現状ですので、人気の大学・学部はますます入りにくくなっています。こうした状況を踏まえたしっかりとした受験対策が必要です。

AO・推薦入試

AO入試カレンダーAO入試での入学が急増。推薦入試と合わせると大学進学者の半数に迫る勢いです。
大学入試は国公立大・私立大ともに、「一般入試」「AO入試」「推薦入試」の3つに分かれます。AO入試・推薦入試の割合は年々高まる傾向にあり、4年制大学進学者全体の半数に迫る勢いです。AO入試は、書類審査・小論文・面接などを組み合わせて学習意欲の高い生徒を取る入試制度です。推薦入試と受験科目は似ていますが、「グループディスカッションなど推薦入試にない選抜方法を採用」「じっくりと人物を評価するため選考に時間をかける」などの点で異なります。国公立大学を中心にAO入試は増加していて、AO入試は2015年度72校で実施され、2016年度は75校で実施されます。他方、一部の難関私大でAO入試を廃止する動きもありますので、志望校の入試動向には十分注意しましょう。

センター試験

センター試験は、国公立大・私立大の約9割が利用。
国公立大では5教科7科目試験が標準です。

2015年度のセンター試験の志願者数は55万9千132人。2016年度は国公私立合わせて693の4年制大学がセンター試験を利用します。私立大のセンター利用数は、2016年度入試では527大学にのぼっています。主要な国公立大のほぼ全てにおいて5教科7科目が課せられるようになっており、受験生にとってはかなりの負担になっています。幅広い科目での基礎学力の強化がますます重要です。2015年度から数学・理科で新課程入試が先行実施され、2016年度入試は、英語・国語・地理歴史・公民が高校での新学習指導要領(新課程)に対応した出題になります。特に、理科は物理・化学・生物・地学が基礎科目と発展科目に分かれ、センター試験での選択パターンが複雑化しました。「国立大・公立大・私立大」併願受験で選択パターンが多様化するため、共通する科目を優先し併願する大学を決め、科目選択次第では志望先の大学が限定される場合があるので、科目選択に留意する必要があります。

国公立二次/私大入試

大学ごとに配点パターンが異なる国公立二次試験。小論文・面接を課す大学が増加傾向です。
私大入試は複雑で多様化。志望する大学・学部の入試方式に合わせた対策が不可欠となります。

国公立大の二次試験は「センター試験重視型」「二次試験重視型」「平等配点型」と志望大学によって配点パターンが異なるので、注意が必要です。二次試験で小論文や面接を課す大学も増えています。私立大の入試の基本は3教科型の受験ですが、センター試験利用のほか、複線入試・得意科目重視型・試験日自由選択制・地方試験・ユニーク試験などがあり、同じ大学の同じ学部で複数回の受験も可能です。このように多様化する入試方式の情報をつかみ、志望する大学・学部ごとの対策が必須となります。

首都圏の大学入試動向

国公立大学

首都圏(1都3県)にある国公立大学は19大学ありますが、東京大学をはじめ大半の大学が全国でも上位校として位置します。また首都圏の人口や全国の大学受験生がめざすことを踏まえると、難易度は非常に高いと言えるでしょう。少子化・大学全入時代ではありますが、合格への難易度は依然高いままです。
参考までに東京大学に現役合格した生徒の3年間の合計学習時間は4,013時間、難関国公立大学の生徒は3,719時間、不合格の生徒は3,328時間と、確実に学習時間に差があります。合格をめざす方は、早期対策をスタートすると同時に、日々の学習時間を強く意識することが必要です。

私大(超難関校) ※早稲田・慶應義塾・上智・東京理科・国際基督教大学など

センター利用での合格は9割の正答率が必要な超難関受験になります。受験する大学によって、準備の仕方が大幅に変わりますので要注意です。例えば、慶應義塾大学の文系学部では「小論文」が受験科目に入ります(一部除く)が、早稲田大学の文系学部には「小論文」はありません。また、同じ大学でも学部によって科目の配点が異なっています。例えば早稲田大学の場合、政治・経済学部の数学・地理歴史は70点ですが、社会学部の数学・地理歴史は40点です。
難関大学に共通して言えることは、各科目の知識を増やすだけでなく、与えられた資料やデータをもとに、解答をまとめられる総合力を問う問題が出題されています。 合格するには、過去問をしっかりと研究して、対策を立てていく必要がありますので、より早い段階で高校内容を習得し、志望校に向けた対策をはじめられるかがカギになります。高校1年から模擬試験を積極的に受験し、大学受験に必要な科目を意識して学力補強に普段から励むことが大切です。

私大(難関校)GMARCH ※学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政大学

GMARCHと呼ばれる大学の人気は依然として高い状況です。合格するには、早い段階で基礎レベルの習得から抜け出し、応用問題に着手できるかという点では、超難関校対策とあまり変わりはありませんが、大学や学部によって出題傾向に特徴がありますので超難関校と比較すると対策は立てやすいといえます。問題の難易度は学部によっても高低差がありますので、しっかりと過去問を中心に演習を重ねて、傾向を把握しておくことが重要です。GMARCHレベル以上の大学へ進学するためには、高校1年からの準備が非常に大切になってきます。これは、偏差値上位大学へ現役合格している生徒のほとんどが、高校1年時での受験科目偏差値が65以上であったというデータにも出ています。そして、早い段階から苦手科目を無くし、高校の勉強を含め普段から勉強に取り組めていることを指しています。まずは、しっかりとした学習習慣をつけ、模擬試験や高校の試験で、良い結果を出すことを目標に、勉強を進めていきましょう。

私大(中堅校)日東駒専 ※日本・東洋・駒澤・専修大学

日東駒専と呼ばれる中堅大学への進学希望者は年々増加しています。これは、GMARCHレベルの押さえの大学として受験されることや、中堅レベルの高校生たちの第一志望になることも重なり、自然と人気が高まるためです。倍率は軒並み3~7倍と決して低くなく、基礎レベルの問題といえども、高得点を取ることが必要ですので決して易しいとはいえません。まずは偏差値50以上を目指し、受験科目の選択を早い段階で決め、受験科目の学習を進めることが大切です。入試では、マーク方式を選択している大学がほとんどですが、大学や学部によっては、記述式を採用している場合もあるため、しっかりとした事前対策が必要になります。当日の受験での正答率は7割程度と言われていますが、確実に得点できる基礎知識の完成が合否のカギになるでしょう。

※それぞれの大学の詳細や入試対策などはアクシス各校へお問い合わせください。

一度アクシスにご相談・お問い合わせください

勉強のきっかけや、今の現状を変える具体的な方法をお探しでしたら、ぜひ一度アクシスにご相談ください。個別に学習相談を行い、一人ひとりに合った学習プランをご用意させていただきます。

全国の個別指導Axis

wao nanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。

ページの先頭へ