• 群馬県トップページ
  • 群馬県のAxisについて
  • 教室一覧
  • 受験体験記
  • 入試情報
  • 学校別対策

個別指導Axis(アクシス) HOME>群馬県TOP>入試情報>中学入試情報

公立・私立中学入試の動向

群馬県において中高一貫教育を行う公立学校として初めて群馬県立中央中等教育学校が2004年4月に開校しました。この中央中等教育学校が行う試験が「適性検査」という方法です。文部科学省が推進する中高一貫教育は、1997年6月の中央教育審議会答申で、生徒一人ひとりの個性をより重視した教育を実現するために、1999年4月から導入されました。中高一貫は高校入学者選抜の影響を受けずに、6年間の計画的・継続的な教育とゆとりある安定した学校生活の中で、生徒一人ひとりの優れた個性や能力を伸ばしたり、豊かな人間性を育成したりすることができます。したがって中高一貫教育校が受験準備に偏った教育を行う、いわゆる「受験エリート校」になったり、受験競争の低年齢化が生じるような学力検査を行わないとしています。しかし、この「適性検査」も中学入試であり、2007年度の5.8倍には届かなかったものの2008年度入試の志願者数610名、倍率5.1倍、2014年度入試では受検者数579名、合格者数128名の4.5倍という狭き門です。さらに、2009年度には公立学校として2校目となる伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校が開校しました。6年目となる2014年度入試では受検者数308名、合格者数128名の2.4倍。さらに2012年度には3校目となる太田市立太田中学校が開校し、2014年度入試では受検者数316名、合格者数105名の3.0倍となりました。また私立中学では、新島学園中学校や共愛学園中学校、2006年春には本庄東高等学校附属中学校が新たに開校し、受験可能な選択肢が増えました。中学入試において、形式や問題傾向が違っても学力を問うことに変わりはありません。思考・判断・表現のベースとなる知識や語彙力・計算力をつけることがまずは何よりも大切です。その上で、社会の出来事に関心を持ち、常に好奇心をもって自分で物事を調べ、自分の頭で考える習慣をつけることが次に重要になってきます。そして、親子でコミュニケーションをとることです。社会の常識を知り、あるいはそれに疑問を投げかけ、自分たちの将来を話し合う─そういうコミュニケーションを通して、表現力も育っていきます。受験するからにはしっかりと勉強し、力をつけて、入学することが大切です。


■中学入試要項補足(2015年度入試)

<新島学園中学校>
※下記の1~3のいずれかに該当する場合には、特技・資格・表彰・特別活動などの欄に具体的に記入します。
1、キリスト教の教会活動に熱心な者。
2、校内・外における文化・スポーツなどの大会で優れた実績がある人。
3、児童活動や地域ボランティア活動で顕著な功績を残した者。
※学力試験(国語・算数)、面接及び出願書類による総合判定。
※面接は、面接官2~3人に対して生徒1人で実施され、面接時間は10~15分となります。質問内容として、志望動機や最近のニュース、長所短所、小学校での一番の思い出など。

<群馬県立中央中等教育学校>
※入学願書と志願理由書が必要です。志願理由書は志願者本人が記入します。どうして入学を志願したか、また入学したら何をしたいか、今までに頑張った事や熱心に取り組んだ事などを記入します。
※適性検査Ⅰ:問題解決能力、思考力、判断力などの多様な能力をみます。
※適性検査Ⅱ:与えられた文書、資料などについて、考えたことや感じたことをまとめて表現する力をみます。
※面接:志願の動機、学習への意欲、進路希望などについての面接を行います。

<伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校>
※パーソナルプレゼンテーションは、自分の考えをまとめて口頭で表現する能力をみます。

<太田市立太田中学校>
※作文は、文章や資料などから読み取ったことと自分の体験や考えを重ね合わせ、文章にまとめる力をみます。

■新島学園中学校入試対策例

<算数対策>
はじめに計算力をしっかりつけることが何よりも重要です。計算は算数・数学の基本です。日頃から簡単な計算から四則の混じった計算など練習を絶えず繰り返しましょう。時間配分を決めて、余ったら必ず時間いっぱいまで何度でも見直しをしてミスを防ぐ習慣をつけてください。特に小数・分数の計算問題は必ず出題されますので確実な計算力をつけておくようにしましょう。計算以外では、まず教科書レベルの基本問題をマスターし、そのうえで参考書の標準レベルの問題(特に速さ・割合・図形)へとチャレンジしていきましょう。いわゆる一般的な「難問」はあまり出題されませんし、出ても合否を分ける問題とはなりませんので、基本的な公式や解法をしっかり使えるよう練習しておきましょう。直前期には入試の過去問を解くことも大事です。ただし、「ただ何となく」解くのではなく必ず時間を決めて計り、わからない単元の問題はもう一度テキストに戻って取り組むなど上手く活用しましょう。また実際の試験にあたっては、時間配分をしっかり考えた上で、簡単な問題から順に手をつけるようにしてください。

<国語対策>
まず長文問題に関しては、偏りなく色々なジャンルの文章に挑戦し、慣れておくことが必要です。その年に話題になった本を読んでおくこともよい準備になるかもしれません。設問に対しては、傍線部と関わる前後の内容をしっかりと読んで、部分の内容・理由説明をする練習を積んでおく必要があります。さらに、設問文をしっかり読んで「抜き出しなさい」「本文の言葉を使って」「自分で考えて」といった要求に応じた答え方ができるようにしておくことも大切です。読解問題を解く場合には、答えを出すことだけでなく、時間を意識して取り組む必要があります。語句の意味を問う問題も必ず出題されるようになりましたので、意味のわからない語句は普段から国語辞典で調べるようにしましょう。また、作文は配点が高いので、対策として10月からスタートする「中学受験作文トレーニング」講座で、書く力を養いましょう。

小学校教育に関する最新情報

新学習指導要領のポイント2015年度の教科書改訂と学習指導要領について
2015年度の小学校教科書改訂については、2010年版学習指導要領が継承されるため、教科書の内容に大きな変更点はないと予想されます。ただし、初めての改訂ということからも学習指導要領の意図をさらに明確に反映した教科書になることが十分考えられます。2010年版学習指導要領のポイントとなる主なキーワードは右記の7つです。
特に(2)の思考力・判断力・表現力育成の点で言えば、体験で感じ取ったことを言葉や図で表現することや、観察などの結果を正確に理解し伝達すること、学習に関わる概念、法則、意図を解釈して説明すること、情報を分析・評価し論述するなどの力が不可欠と言われています。単に理解し、解釈するだけでなく、活用、伝達できるレベルが要求されていると言えます。論述までつながるような学習が今後も重要度を増していくと言えるでしょう。また、(4)の理数教育の充実については、旧指導要領の施行時と比べ、算数、理科ともに約16%の学習時間が増やされた点に変化はないことから引き続き日々の学習の重要性が増していると言えます。表現力を論述や説明する力にまで高めるといった点は、ぜひ、覚えておきたい点です。

小中一貫教育の広がり
小学校6年間と中学校3年間の教育を一体で行う「小中一貫教育」が、全国にじわじわと広がっています。文部科学省の今後の方向性としても、現在この制度は示されていますが、公式な制度として実施されているものではなく文部科学省の「研究開発学校」や政府の「構造改革特区」といった特例を使って広がっています。「中1ギャップ」という言葉も一般的になってきましたが、小学校と中学校では学校生活のあり方や授業のやり方も全然違うため、その変化に子どもたちがついていけなくなっているために起こると言われています。小中一貫教育はこのギャップを埋めて、学力向上はもとより生活指導面や心の育成面などさまざまな点で効果が期待されています。逆に言えば、現在の小学校、中学校が分離した体制では小6から中1に上がった際の1年間が非常に重要であり、多くのお子さまの成績の明確な分かれ目になっているといっても過言ではありません。特に注意が必要と言えるでしょう。

一度アクシスにご相談・お問い合わせください

勉強のきっかけや、今の現状を変える具体的な方法をお探しでしたら、ぜひ一度アクシスにご相談ください。個別に学習相談を行い、一人ひとりに合った学習プランをご用意させていただきます。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-500-222

  • 地域の学校・受検情報やアクシスについてお知りになりたい方は資料請求
  • まずは来校して、直接、学習についてご相談されたい方は学習相談
  • 実際の個別指導の教え方や教室の雰囲気を体験したい方は体験授業

全国の個別指導Axis

wao nanaco会員証

注目のイベント

新島学園中チャレンジ模試

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。

ページの先頭へ