個別指導Axis(アクシス) HOME>北海道TOP>入試情報>高校入試情報

北海道公立高校入試動向

1.一般入試の選抜方法

北海道の高校入試では、主に入試の「学力点」と、中学校での「内申点」が合否判定に用いられます。
入試当日の筆記試験は、5教科・各45分、全教科で300点満点となります。一部の学校では、特定の教科の配点を上げる「傾斜配点」が採用されている場合があります。また、学校によっては、面接・実技・作文などを実施する高校もあります。

2.内申点

内申点は、中1・中2・中3の学年末の成績を元に算出されます。また、内申点の一つの目安として、内申点を20点ごとに区切った「内申ランク」というものを利用しますが、合否は実際の点数で決まるため、同じランクでも内申点が高いほど有利となります。

3.合否決定の方法

入試の合否は、学力点と内申点を総合的に判断して決定されます。その際、以下のような評価の仕方となります。
1.定員の70%…学力点と内申点を同等に評価
1.定員の15%…学力点を重視
1.定員の15%…内申点を重視

上記②③の場合の重視比率や、②③のどちらの選抜を優先するかは、高校ごとに異なります。

一度アクシスにご相談・お問い合わせください

勉強のきっかけや、今の現状を変える具体的な方法をお探しでしたら、ぜひ一度アクシスにご相談ください。個別に学習相談を行い、一人ひとりに合った学習プランをご用意させていただきます。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-500-222

  • 地域の学校・受検情報やアクシスについてお知りになりたい方は資料請求
  • まずは来校して、直接、学習についてご相談されたい方は学習相談
  • 実際の個別指導の教え方や教室の雰囲気を体験したい方は体験授業

全国の個別指導Axis

wao nanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。

ページの先頭へ