個別指導Axis(アクシス) HOME>沖縄県TOP>入試情報>大学入試情報

全国の大学入試動向

大学全入時代と言われますが、難関大学の志願者は増加傾向で難易度にも変化がありません。
入学定員が入学希望者数を上回る「大学全入時代」を迎えつつあります。確かに少子化による競争率の低下、大学・学部の新設や受験機会が増加するなど、合格しやすくはなっています。しかし、実際には人気のある大学に受験生は集中し、難関大の志願者は逆に増加傾向にあります。難易度にも変化がないのが現状ですので、人気の大学・学部はますます入りにくくなっています。こうした状況を踏まえたしっかりとした受験対策が必要です。

AO・推薦入試

AO入試カレンダーAO入試での入学が急増。推薦入試と合わせると大学進学者の半数に迫る勢いです。
大学入試は国公立大・私立大ともに、「一般入試」「AO入試」「推薦入試」の3つに分かれます。AO入試・推薦入試の割合は年々高まる傾向にあり、4年制大学進学者全体の半数に迫る勢いです。AO入試は、書類審査・小論文・面接などを組み合わせて学習意欲の高い生徒を取る入試制度です。推薦入試と受験科目は似ていますが、「グループディスカッションなど推薦入試にない選抜方法を採用」「じっくりと人物を評価するため選考に時間をかける」などの点で異なります。国公立大学を中心にAO入試は増加していて、AO入試は2015年度72校で実施され、2016年度は75校で実施されます。他方、一部の難関私大でAO入試を廃止する動きもありますので、志望校の入試動向には十分注意しましょう。

センター試験

センター試験は、国公立大・私立大の約9割が利用。
国公立大では5教科7科目試験が標準です。

2015年度のセンター試験の志願者数は55万9千132人。2016年度は国公私立合わせて693の4年制大学がセンター試験を利用します。私立大のセンター利用数は、2016年度入試では527大学にのぼっています。主要な国公立大のほぼ全てにおいて5教科7科目が課せられるようになっており、受験生にとってはかなりの負担になっています。幅広い科目での基礎学力の強化がますます重要です。2015年度から数学・理科で新課程入試が先行実施され、2016年度入試は、英語・国語・地理歴史・公民が高校での新学習指導要領(新課程)に対応した出題になります。特に、理科は物理・化学・生物・地学が基礎科目と発展科目に分かれ、センター試験での選択パターンが複雑化しました。「国立大・公立大・私立大」併願受験で選択パターンが多様化するため、共通する科目を優先し併願する大学を決め、科目選択次第では志望先の大学が限定される場合があるので、科目選択に留意する必要があります。

国公立二次/私大入試

大学ごとに配点パターンが異なる国公立二次試験。小論文・面接を課す大学が増加傾向です。
私大入試は複雑で多様化。志望する大学・学部の入試方式に合わせた対策が不可欠となります。

国公立大の二次試験は「センター試験重視型」「二次試験重視型」「平等配点型」と志望大学によって配点パターンが異なるので、注意が必要です。二次試験で小論文や面接を課す大学も増えています。私立大の入試の基本は3教科型の受験ですが、センター試験利用のほか、複線入試・得意科目重視型・試験日自由選択制・地方試験・ユニーク試験などがあり、同じ大学の同じ学部で複数回の受験も可能です。このように多様化する入試方式の情報をつかみ、志望する大学・学部ごとの対策が必須となります。

沖縄県の大学入試動向

琉球大学(国立)

国立琉球大学には、法文学部・観光産業科学部・教育学部・医学部・農学部・理学部・工学部があり、全国の動向と同じようにセンター試験は5教科7科目/6教科7科目が基本です。受験を有利に進めるためにも学部・学科で異なる、センター試験と二次試験の比率を把握した上で日常の学習に取り組む必要があります(下記表は、2015年度入試におけるセンター試験と二次試験の比率です)。

また、AO入試や推薦入試においては、特定科目(数学・物理・英語など)の評定平均値(高校3年間の成績を5段階評価したものの平均値)やTOEICの得点などを出願の要件に盛り込んでいるケースもあります。更に、医学部 医学科では地域枠が14名、離島・北部枠が3名あり、二次試験が小論文と面接となり、前期入試とは大きく異なります。やはり、学部学科を早期に決定することで、受験パターンや学習内容に変化が生まれます。特にAO入試や推薦入試で受験を考えるのであれば、学校の成績を安定させることが必須と言えます。自分自身の将来をしっかりと見つめ、効率のよい学習へつなげることが合格への近道と言えます。

名桜大学(公立)

2010年より公立大学となり、受験者数も増えつつあります。看護科が設置されているということも受験生にとっての魅力の1つと言えるでしょう。センター試験は、5教科5科目もしくは3教科3科目(英・国必須+1教科選択:地歴・公民、理科、数学が主流)で受験できます。二次試験で学科試験を課すのは国際学群の英語のみで、小論文・面接のみの場合も多く、しかも配点が低いため、センターで何割得点できるかでほぼ合否が決まります。

沖縄県立看護大学(公立)

センター試験は5教科7科目が必要となり、配点も900点と高めです。二次試験では小論文・面接のみの100点の配点で、圧倒的にセンター試験を重視している得点比率となっています。学力はセンター試験レベルをめざせば大丈夫ですが、科目数が多いため、苦手科目を作らないようにバランスよく対策をしていくかが重要です。

沖縄県立芸術大学(公立)

センター試験は2教科2科目/3教科3科目となり、英語もしくは英語と国語を必須としています(彫刻専攻を除く)。二次試験は実技のみとなっていますが配点が高いので、センターよりも実技重視と言えます。上述のように、英語・国語を必要としますので、普段から2科目に関しては重視して学校の授業等も取り組んでいく必要があります。

沖縄国際大学(私立)

推薦・AO入試での合格者が多く、評定平均(高校3年間の成績を5段階評価したものの平均値)を上げていくことがまず合格の第一歩となります。評定をクリアできていれば、志願理由書・面接・小論文などの対策が必要となります。一般入試においては、英語・国語(現代文のみもしくは現代文+古文)必須+社会(経済・産業情報学部は数学選択可)の3科目となっており、マークシート式問題ですので、まずはセンター形式に慣れておくとよいでしょう。同時にセンター試験利用もできますので、上記3科目のセンター対策をしておくことで、合否には有利にはたらきます。

沖縄大学(私立)

沖縄国際大学と同様、推薦・AO入試での合格者が多く、評定平均(高校3年間の成績を5段階評価したものの平均値)を上げていくことがまず合格の第一歩となります。評定をクリアできていれば、志願理由書・面接・小論文などの対策が必要となります。一般入試においては、英国社(公民)からの2科目選択・1科目選択となっており、科目数では県内他大学に比べると対策しやすいと言えます。また内容も教科書レベルを十分に学習しておけば対応できます。

一度アクシスにご相談・お問い合わせください

勉強のきっかけや、今の現状を変える具体的な方法をお探しでしたら、ぜひ一度アクシスにご相談ください。個別に学習相談を行い、一人ひとりに合った学習プランをご用意させていただきます。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-500-222

  • 地域の学校・受検情報やアクシスについてお知りになりたい方は資料請求
  • まずは来校して、直接、学習についてご相談されたい方は学習相談
  • 実際の個別指導の教え方や教室の雰囲気を体験したい方は体験授業

全国の個別指導Axis

wao nanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。

ページの先頭へ