• 徳島県トップページ
  • 徳島県のAxisについて
  • 教室一覧
  • 受験体験記
  • 入試情報
  • 学校別対策

個別指導Axis(アクシス) HOME>徳島県TOP>入試情報>高校入試情報

公立高校入試の動向

変化する高校入試と高校再編
徳島県の公立高校入試は、2010年度までの 「前期選抜」 と 「後期選抜」 が、2011年度より 「特色選抜」 と 「一般選抜」 として実施されています。現行の制度になって6年目を迎え、普通科高校の序列化も鮮明になってきています。
現行の選抜制度のねらいは、 「確かな学力」 を重視する入学者選抜、 「生徒の個性」 を生かす入学者選抜となっています。
入学制度変更の背景には、最近の大学入試についての問題が考えられます。少子化に伴う、大学全入時代を迎え、ますます大学間の格差が広がり、国公私立大学とも上位大学への進学希望者が増加し、試験が難化しています。また、大学生の基礎学力低下が問題となっています。入試の多様化により、少ない教科で大学進学が可能なため、総合的な学力が低下しています。また、徳島県のセンター試験の合計平均は全国平均よりも低く、全国でも下位の状態です。こうした状態を打破するためには、小 ・中学生の時期からの基礎学力向上が絶対条件となります。
また、2016年度には公立高校において、学科再編が行われます。那賀高校に 「森林クリエイト科」 を新設します。今後も、県西部や県南部の高校で、学校 ・学科再編が行われる予定です。これらの目的としては、生徒数の減少に対応した、学校規模の確保や教育内容の充実を図ることが挙げられます。

特色選抜

出願要件
スポーツ、文化活動、その他高校が定める特色ある活動について、高校ごとに出願要件を発表
募集人員
各高校の募集人員は、次に示す範囲内として高校ごとに発表
○普通科は、募集定員の6%以内、専門学科及び総合学科は、募集定員の13%以内
○上記の募集人員の計が8人未満になる高校は、8人以内
○鳴門渦潮高校・体育科の募集人員は、募集定員の100%
○名西高校・芸術科の募集人員は、募集定員の100%
○トップスポーツ校育成事業の指定校は、指定競技の募集人員を別に定める
出願資格
志望先高校を第一志望とする者
選抜資料
必須資料 調査書 特色選抜学力検査〔検査Ⅰ(国・社・英)、検査Ⅱ(数・理・英)〕 活動記録
選択資料 作文 面接 実技などから各高校の判断で実施
選抜方法
必須資料及び選択資料による検査の結果などを資料として、学校の特色、志願してほしい
生徒像、出願要件などに基づき、総合的に判定して選抜

一般選抜

募集人員
募集定員から特色選抜及び連携型選抜の合格者を減じた人数
出願資格
特色選抜又は連携型選抜においていずれの高校にも合格していない者
志願変更
出願の状況をみて、1回に限り出願高校、学科を変更することができる
選抜資料
必須資料 調査書 一般選抜学力検査(5教科で実施) 面接 
※鳴門渦潮高校・体育科と名西高校・芸術科のみ実技検査の実施
選抜方法
必須資料及び選択資料による検査の結果などを資料として、学校の特色、志願してほしい生徒像などに基づき、総合的に判定して選抜

一度アクシスにご相談・お問い合わせください

勉強のきっかけや、今の現状を変える具体的な方法をお探しでしたら、ぜひ一度アクシスにご相談ください。個別に学習相談を行い、一人ひとりに合った学習プランをご用意させていただきます。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-500-222

  • 地域の学校・受検情報やアクシスについてお知りになりたい方は資料請求
  • まずは来校して、直接、学習についてご相談されたい方は学習相談
  • 実際の個別指導の教え方や教室の雰囲気を体験したい方は体験授業
CM放送中!

全国の個別指導Axis

wao nanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。

ページの先頭へ