先生1人に生徒1人、または2人の個別指導

「もっと一人ひとりにしっかりと指導したい」
この気持ちがアクシスの原点です。
「もっと一人ひとりにしっかりと
指導したい」この気持ちが
アクシスの原点です。

アクシスの授業は、解説だけでなく、自分の力で解く、考えるといった場を意図的に設定して、習ったことが自分でできるように導いています。先生は常にお子さまの「解く過程」や「どこまで理解できているか」をしっかり見ているので、わからないまま授業が進むことがありません。先生との心の距離も近く、質問することが苦手というお子さまも安心です。

1対1個別指導

1対1個別指導

完全1対1の授業のため疑問を先生にぶつけやすく、その場で解説してもらえるので理解が深まります。

1対2個別指導

1対2個別指導

一人の生徒が解説を受けている間にもう一人の生徒は演習問題で理解の確認を行います。指導と演習を繰り返す反復学習により、学力の定着を図ります。

授業の品質を高める5ステップ

指導者は、毎回の授業に十分な準備をして臨みますが、個別指導では生徒一人ひとりの学習スピードや理解力に合わせ、臨機応変に授業の展開を変えていく力が要求されます。そのためアクシスでは1回の授業を5つのステップで実践しています。

授業の品質を高める5ステップ
授業プラン作成
1

授業プラン作成

指導者はあらかじめ授業の準備を行います。アクシスでの授業準備とは「授業というドラマ」のシナリオ作りです。指導者は1回1回の授業をどう進めるか、演習問題の出し方、つまずきそうなポイントでの対処法、やる気の引き出し方まで、個人別の学習計画にもとづいて綿密な授業プランを立てて授業に臨みます。

授業のプロデュース
2

授業のプロデュース

校責任者は、授業準備をしてきた指導者と授業前に今日の授業の打ち合わせをします。成績推移や学習相談内容も踏まえてより良い授業に向けて真剣に話し合い、さらに、生徒をほめるきっかけの作り方、次の定期試験へのモチベーションの上げ方、自信をつけてもらうためのアドバイスなどをつけ加え、授業を総合的にプロデュースします。

授業(80分の真剣勝負)
3

授業(80分の真剣勝負)

授業では、指導者は生徒の積極性を引き出すことに集中し、校責任者は巡回しながら授業の状況を見守り、時にはアドバイスを行います。アクシスでは「何が理解でき何がわからないか」を生徒が自ら考えることを重視します。授業プランに沿って動機づけを行い、生徒の自発的な質問を多く引き出すことで、学習テーマへの理解を深めていきます。

授業後の振り返り、生徒の課題分析
4

授業後の振り返り、
生徒の課題分析

授業終了後に、校責任者と指導者は今日の授業の振り返りを行います。指導者は授業内容の反省と生徒がつまずいたところや強化したいところなど次回への課題を明確にしていきます。そして校責任者とともに次の授業でどう解決していくかを検討します。生徒の学習スピード、理解にいたる授業ステップなどを考えながら学習プランを調整します。

指導結果報告
5

指導結果報告

アクシスでは、学習の進捗状況や授業の様子を定期的にご家庭にご報告しています。毎回の授業内容、理解度、宿題内容などを整理して保護者の方にお伝えします。