「仲間とAxisに感謝」広島文教大学(広島文教女子大学)合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 広島文教大学(広島文教女子大学私立

    教育学部

  • 川越 光陽さん
  • 出身高校
    別府鶴見丘高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis別府校

頑張れ

さりげない一言が心に響くのです。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

仲間とAxisに感謝

中3の時は、能開センターに通っていましたが、高校進学と同時にAxisに通うことになりました。1年の頃は授業がある日だけ開始ぎりぎりに行って、定期試験前だけ1週間自習するために通いました。2年になると仲間も増えて、"勉強しないといけない"と強く思うようになり、Axisで過ごす時間が増えていきました。しかし、毎日ヤル気があったわけではありません。行きたくない、受験勉強がめんどくさい、と思ったこともありました。それでも仲間がいたので、仲間に負けたくないという思いもあり、最後まで頑張ることができました。仲間とAxisに感謝です。

先生からのコメント

川越くん合格おめでとう!毎日友達と塾に来ては自習をして、切磋琢磨し合ったのをずっと見てきました!模試の結果など見て思うように成績が伸びない時もあり苦戦してましたね。そんな時でも自分を信じ、先生の言うこともしっかり聞いて着々と力をつけてきましたね。将来は教師になりたいという強い思いも原動力になったのかなと考えてます。大学生になってもここで学んだこと、仲間と一緒に励まし合って取り組んだことを忘れずに生活して行って下さいね!いつか立派な先生となってまた再会出来る日を待ってます!

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 模試のことはあまり意識しないで、テスト勉強は試験1週間前に始めた。最低限の授業の課題はやっていたが、それ以上のことはしなかった。

  • 高校2年

  • 部活で先輩が引退して一番上の代になってから忙しくなった。生活は、高1のときとあまり変わらなかった。

  • 高校3年

  • Spring

    受験生という立場になって勉強しなければという気持ちが強くなった。部活は6月まであったが、それまでもAxisで自習をするようにした。

    Summer

    部活を引退してから、それまでより強く受験を意識するようになった。しかし、何からやれば良いか分からず、基本的になことや苦手なところから勉強するようにした。

    秋冬

    Autumn&Winter

    次第に受験が近くなり、やることがたくさんあると思い、あせり始めた。ひたすら演習を繰り返して学力アップに務めた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

テニス部

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年6月

志望大学・学部を決めた理由

自分が学びたいことを学べると思ったから

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年6月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

選択肢が絞り込めなかった
時間の経過とともに

アクシスについて

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

高校受験のため。
能開センター別府校の勧め。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

成績はあまり変わらなかったが、「頑張ろう!」というヤル気は出た。