「大学の求めてる解答は?」東京大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 東京大学国立

    理科二類

  • 木林 佑太さん
  • 出身高校
    札幌南高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis大通校

千里の道も一歩から

基礎の積み重ねが大切

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

大学の求めてる解答は?

僕が教えていただいた先生がいつも言っていたのは解答をより詳しく書くことで減点されることは無いということです。
大学入試は多くの大学で解答が発表されていません。大学の求めている解答がわからないのです。
だからこそより良い解答を完成させようという試みが勉強の中で1番大切なことだと学びました。

先生からのコメント

大学受験に向けての再入会は高校生でしたが、佑太くんとの出会いは小学生の時でしたね。
そのときも地道にコツコツと取り組んでいたことを思い出します。
今回、志望校に合格できたことはまだまだ夢の一歩に過ぎません。
これからもさらに貪欲に自分のやりたいことにチャレンジしていく姿を期待しています。
決して順風満帆とばかりはいかないでしょうが、壁にぶつかった時こそ自分が成長できるチャンスです。
諦めることなくどうすれば乗り越えられるかを常に考えて進んでいって欲しいと思います。
このたびは合格、おめでとうございました!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

間違えノート作成法

自分の間違えた問題をまとめたノートを教科ごとにつくる。
2回目からはできたらチェックをしてそれ以降はセンター後までできた問題はやらない。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 部活が楽しく家で勉強はほとんどしていませんでした。
    授業は聞いて授業時間内にその時間の内容を演習までしてしまうように心がけていました。塾には通っていて学校の進度は無視してガンガン進んでいました。

  • 高校2年

  • 2年生の時とあまり変わりませんが、塾で進めていた勉強で授業が聞いたことのある内容ばかりになり始め、聞きながら自分で演習してました。

  • 高校3年

  • Spring

    部活がまだあったので2年生の時と変わらず、少し勉強時間が減りました。

    Summer

    部活を引退したので、学校の授業を無視して計画を立てて、淡々とそれを進めました。

    秋冬

    Autumn&Winter

    過去問に入り始めましたが、自分で計画を立てて淡々とやり続けました。
    模試の結果も良かったのでやり方は合っていたと思い、続けました。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

硬式テニス部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年10月

志望大学・学部を決めた理由

教養課程があり、学部進学の選択肢が多かったので。

大学選びで最も重視したのは

その他(進路選択の多さ)

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

8時間

定期試験は何日前から勉強した?

しない

アクシスについて

入会時期

高校2年1月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

難関大学を目指すに当たって自分の苦手科目であった英語の実力を自分の実力に合わせて上げて欲しいと思い通い始めました。
決め手となったのは実際にお会いした先生が素晴らしい方だったことです。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

もともと成績が非常に悪かったわけではなかったので急激に上がるということは難しかったですが、大学の問題に合わせて指導していただき、徐々に上がっていきました。過去問の点数でいうと50点台から70点は安定して取れるところまで上がりました。