「積極性」北九州市立大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 北九州市立大学公立

    国際環境工学部

  • 小島 拓馬さん
  • 出身高校
    別府鶴見丘高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis別府校

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

積極性

自分はあまり中学校の頃から教師や講師に質問へ行くことが出来なかったのですが、アクシスに入ってからはそれが変わりました。僕の積極性を引き出してくれた大きな要因は2つあり、1つは室内のやさしい雰囲気です。この雰囲気でなければ自分は成長できず、ずっと一人で悩んでいたと思います。2つ目は、アクシスという空間です。自習室での集中しているみんなの姿。時には厳しく指導している講師の方々。悩みを素直に聞いてくれる友達。この空間のおかげで自分をさらけ出すことができ、勉強もはかどるようになりました。ありがとうございました。

受験生活を振り返れば、
悩んだり落ち込んだり焦ったり…
そんな時、 支えて一緒に乗り越えてくれた人へ、
感謝のメッセージ

関わってくれた全ての人

高校受験とは比にならないくらい厳しい戦いだった大学受験を支えてくれた方々には感謝しても感謝しきれません。たくさんの思い出の中にありがたいお言葉や励ましが残っています。自分一人では決して乗り越えられなかった大学受験。しかし、終わったあとはほっとし、それと同時にたくさんの人への感謝でいっぱいになりました。仲間や先生、両親の陰での努力を忘れることなくこれからももっと努力して大学生活を送ろうと思います。
3年間ありがとうございました!

先生からのコメント

拓馬くん合格おめでとう!受験生になってからは学校が終わってほぼ毎日来ては自習を頑張ってましたね。なかなか質問が出来なかったみたいですが、いつの間にか、質問対応してくれる先生を自分から探しにくる姿はとても印象的でした!授業や自習室で集中している時や、友人と問題を教えあったり、少し休憩してお話したりと勉強にもオンオフしっかりつけて最後までひたむきに問題に向かっていたと思います。たくさんの人々の支えがあったことを忘れず、またこの経験を活かして大学生になっても日々努力していってください。本当に合格おめでとう!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

パターン化

塾や学校での演習の出来なかった問題を必ずやり直しをすることをオススメします。数学は同じような問題で、少し応用化された問題が多々出題されるため、やり直しをし、もう一度時間を空けて解くと、酷似した問題をスムーズに解くことができると思います。また数学は記述の場合は部分点がもらえるため、最後まで諦めず、何か書くということも大切です。最後に、数学をパターン化することは高校数学では効果があると思います。なのでぜひたくさんの問題を解きパターン化してみて自分なりのコツを掴んでみてください。きっと楽しく感じられると思います。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 部活動の友達作りを重視し、勉強はあまりせず、高校に慣れるので必死だった。

  • 高校2年

  • 部活動と勉強の両立に徹し、一生懸命頑張った。

  • 高校3年

  • Spring

    受験生としての自覚が芽生え、日々精進した。

    Summer

    「夏を制する者」は受験を制するスローガンのもとしっかり勉強した。

    秋冬

    Autumn&Winter

    センター試験に向け、マークのテストを山ほど受けた。きつかったけど頑張れた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

サッカー部

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年1月

志望大学・学部を決めた理由

希望する学部があり自分の身の丈に合っていたから。

大学選びで最も重視したのは

偏差値
場所

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年4月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

7時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

模試の自己採点等で上手く結果が出ないとき。
やり直しをひたすらやる

アクシスについて

入会時期

高校1年5月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

個別の方が効率が良いと思ったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

ある程度一定を保てた。