「英語ができる様になった」安田女子大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 安田女子大学私立

    教育学部

  • 一月 深知さん
  • 出身高校
    安古市高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis西原校

受験は団体戦

どうしても受験は一人でするものと思いがちだけど、頑張っている友達を見て自分ももっと頑張ろうと思えたり、友達と励ましあいながら勉強をすることで辛い受験勉強も乗り越えられたから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

英語ができる様になった

私が高校三年生になったとき、全然英語ができませんでした。文法や熟語、長文読解や単語など基礎すらなかなかできませんでした。だけど塾の先生が一から勉強法や、長文の読み方、文法について教えてくださいました。宿題も多く、英語が全くできない自分に心が折れそうになった時もありました。だけど、先生ができたところを褒めてくれたり、アドバイスをたくさんくれたおかげで段々と英語ができるようになりました。文法や単語が分かってくると長文を読むスピードも次第にはやくなっていきました。はじめは苦手だった英語が先生のおかげで楽しく勉強することができました!

先生からのコメント

合格おめでとう!中学生の時からこれまでアップダウンはありましたが、最後まで諦めず目標を見失わずに走りきることができ、私も嬉しいです!
そして、大学生になっても、またアクシスの仲間に入ってくれましたね。これまでの学生生活で経験したことをぜひ後輩にも伝えていってください♪そして、大学生活を謳歌してくださいね!
これまでも、これからも応援しています!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

自分が覚えてない熟語をしっかり覚える

例えば、受け終わった模試やセンター過去問の第二問の中で分からなかった問題や間違っていた問題に、問題用紙と回答に印をつける。そしてその印のついた問題の問題文と答えと翻訳をノートに書く。そしてその下に自分が分かりやすいように解説を書いていく。この際に、ネクステやデュアルスコープなどを使って自分が何を分かっていなかったを理解して、どうしてその答えになるかを分かるまで調べる。その時に少しでも分からないことがあったら先生に絶対に質問に行く!初めは同じ問題でつまずいたり、分からないところが沢山あるかもしれないが、続けていくうちに沢山文法や熟語が覚えられるようになったり、傾向がつかめてくる。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 慣れない高校生活に精神的にも体力的にも大変だった。部活で疲れてしまって予習をすることが精いっぱいでよく小テストの追試にかかっていた。

  • 高校2年

  • 少しずつ高校生活にも慣れ、予習に加えてしっかり小テストの勉強ができた。

  • 高校3年

  • Spring

    あまり受験生という自覚はなかった。だけど一日三時間勉強することをこころがけた。

    Summer

    夏休みは毎日10時間勉強することを目標に頑張った。補習や塾の授業もたくさんあって大変だった。

    秋冬

    Autumn&Winter

    受験を意識して勉強するようになった。毎朝7時に学校に行き、土日も学校で勉強した。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

ソフトテニス

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年3月

志望大学・学部を決めた理由

興味のある学問だったから

大学選びで最も重視したのは

大学のブランド
場所
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

9時間

定期試験は何日前から勉強した?

10日くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

模試の結果が思うように伸びなかったとき
あきらめずに何回も模試の過去問を解いたり、受けた模試の解きなおしをした

アクシスについて

入会時期

中学3年4月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

高校受験に不安があったから

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

合格するのは難しいといわれていた第一志望の高校に合格することができた。高校に入ってからもたくさんサポートしてもらい3・4ぐらいだった成績も4・5を取れるようになった。