「大学生とのマンツーマン授業」東京経済大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 東京経済大学私立

    現代法学部

  • 小林 真紘さん
  • 出身高校
    新発田高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis新発田駅前校

現役生は直前まで伸びる!

この言葉を信じ、勉強を続けた。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

大学生とのマンツーマン授業

英語はもともと苦手でなかなか点数をのばすことができていなかったけれど、Axisに入り、オンライン授業を始めると、大学生の先生が細かく丁寧に教えてくださり、英語の点数を少しずつ伸ばすことができた。また、先生が大学生であるため、会話がしやすく、リラックスして授業にのぞむことができた。勉強のこと以外にも、大学生活のことや私生活のことなど、様々な話を聞くことができ、楽しみながら授業を行うことができた。先生が「どの大学に行ったとしても、楽しいよ」と言ってくれ、その言葉のおかげで気持ちが楽になり、あまり緊張せずに試験にのぞむことができた。

先生からのコメント

合格おめでとうございます!
最後の最後まであきらめず、見事、第一志望合格を果たした小林君のねばりに感動しました!
まさに『現役生は直前まで伸びる』を実証してくれました。
この経験を、今後の人生に活かして頑張ってください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

模試の復習

模試で間違えた問題を放っておかずに、自分の苦手分野を見つけ、分析し、自力で完璧に解けるようになるまで繰り返し復習すると力がつくと思います。また、模試の成績は入試の直前まで伸びるので、結果や判定が悪くても、諦めずにコツコツと勉強を続けることがとても大切です。模試だけでなく、志望大学の赤本や学校での定期試験などでも間違えた問題や分からないところが少しでもあったら、すぐに解き直し、得意分野になるくらいまで復習をすると、入試本番で自信を持って試験に臨めると思います。入試当日には分からないことが1つもなくなることを目指して勉強をするといいです。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 家ではほとんど勉強をせず、定期試験で赤点を取らなければいいという考えで過ごしていた。

  • 高校2年

  • 学校の活動や部活などがいそがしくなり、勉強をサボりがちになっていた。家に帰るとすぐに寝てしまっていた。

  • 高校3年

  • Spring

    部活を引退し、やっと本格的に受験勉強を始めた。もっと早くからコツコツと勉強をしていればよかったと思った。

    Summer

    塾に行き勉強をする毎日で、心が折れそうだったが、少しでも周りからの遅れを取り戻すために勉強を続けた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    夜は9時ごろまで塾で勉強し、その後、家で少し勉強をして寝るという毎日だった。早く受験が終わって欲しいと思うばかりだった。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

サッカー

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年10月

志望大学・学部を決めた理由

経済学を学ぼうと思ったため。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
偏差値
場所
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

7時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

模試の成績が伸びなかったとき。
間違えた問題の復習をした。

アクシスについて

入会時期

高校3年6月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

オンラインで大学生に一対一で授業をして貰えるということを知ったため。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

模試で苦手だった英語の点数が少しずつのびていった。