「大学」日本大学合格(2021年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2021年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 日本大学私立

    理工学部

  • 鎌田 結夏子さん
  • 出身高校
    秋田北高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis秋田校

後悔だけはするな

こうしておけばよかったといった後悔がないようにしなさいと母に言われ、その言葉で頑張ることができました。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

大学

担当の先生といつも授業を始める前に少しだけ色んな話をするのですが、特に印象に残っているのは、大学についてのお話です。やはり先生たちは、受験というものを既に経験していて、かつ大学生活がどういうものかも知っているので話をしていて凄く役に立ったし、早く大学生活を送りたいなというモチベーションを上げてくれました。授業のほかにも、ためになる話をしてくれた先生には感謝でいっぱいですし、自分があまり得意ではなかった数学も塾に入る前よりも苦手意識がなくなっていったので、Axisに入って本当に良かったなと実感しました。
 

先生からのコメント

初めは意識不足や論理的な思考への不慣れな面があり、なかなか題意の読み取りや解法へアプローチしていくことに苦戦していましたが、どのような内容に対しても好奇心を持ち、内容の根本を理解しようという姿勢を持ち続けられる強さが合格へ繋がったのだと思います。
大学ではその強みを武器に学業はもちろん、様々な面で成長し活躍していくことを期待しています。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

曖昧な部分をなくして自信をつけよう

化学は暗記と計算力の両方が必要になってくる教科です。なので教科書を暇な時に読んだり、私の場合は例題付きの参考書を購入し、それぞれの単元の基本内容をまずは確認して、例題を解き定着させていきました。実験の問題や無機・有機を学習するときは化学図録を並行して使うのがオススメです。写真や用途がわかりやすく載っているので、覚えやすいなと使っていて思いました。それらをひと通りやってみて、自分が苦手または曖昧だと思った分野を絞り出し、試験直前に確認できるようA5のノートに自分の言葉でわかりやすくまとめたものを作りました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 高校卒業後の進路は全く決まっていませんでした。勉強は家に帰宅したら、その日の学校の課題をやるくらいです。

  • 高校2年

  • 学校の授業で進路学習があったので、進路について調べることが増えました。私の場合は理系だったので、理系の職業についてたくさん調べました。

  • 高校3年

  • Spring

    コロナによる緊急事態宣言で学校が休校になったりと大変でしたが、生活リズムを崩さないよう学校に行っているときと同じ時間帯に勉強することを意識しました。集中力が切れたときは、大学を調べてみたり、軽い運動をしたりしました。

    Summer

    とにかく基本問題を解いて基礎を定着させることを意識しました。公式がすぐ頭に浮かぶようにできるように、基本問題をとにかく解きまくりました。

    秋冬

    Autumn&Winter

    模試が毎週のようにあり、少し大変でした。私は休日に模試の解き直しを終わらせて、自分はどこが苦手なのか分析していました。解き直しで分からない部分があったら学校や塾の先生に頼っていました。

my 高校生活プロフィール

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年7月

志望大学・学部を決めた理由

化学系の分野を学びたかったということと、就職先が幅広く就職活動も充実していると聞いたからです。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
大学のブランド
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年4月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

9時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年4月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

塾で学ぼうと思ったきっかけは現役で大学に行きたかったのと、学力を上げたいと思ったからです。Axisを選んだ理由は毎年多くの合格実績を残されていたからです。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

定期考査の成績がよくなったと実感しました。