「親しい友人・先生」佛教大学合格(2021年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2021年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 佛教大学私立

    教育学部

  • 小泉 彩乃さん
  • 出身高校
    北嵯峨高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis帷子ノ辻校

地味に地道にじわじわと

上手にいかなくても投げ出すことなく、ゆっくり自分のペースで頑張ってきたから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

親しい友人・先生

私の中で大きかったのは、親しい友人や先生方の存在です。
塾に行くと必ず「こんにちは」と声をかけてくださったり、学校であったことなどの話を聞いてくださったりと、もう一つの家のような安心感がありました。もちろん勉強のことを聞きに行くといつでも答えてくださったりと頼もしいところもありました。
また、同じ学校に通う友人や塾で親しくなった友人も多く、休憩時にしゃべったりと良い意味で「勉強するだけではない」空間だったのが良かったです。
テスト前は遅くまで残っていると先生から「頑張っているね」と声をかけられたり、同じように残っている友人と問題を出し合ったりして、一緒に頑張ることができたと感じています。

先生からのコメント

とても明るく元気な小泉さんですが、入試前は不安な気持ちをよくアクシスの先生に打ち明けていましたね。それだけに合格の知らせを聞いたときはこちらも喜びが爆発しました。よく頑張りましたね!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

日々の学習を大切に

私は入学時から日々の学習を大切にしてきました。できるだけ毎日復習をして、小テストや定期テストで点を取れるように頑張ってきました。
高校1年生の頃は漠然と取り組んでいましたが、高校2年生で進学を考えたときに目標とする評定平均が分かり、より一層力を入れるようになりました。勉強内容が難しくなってきたこともあり、ほぼ毎日塾に通っていたのを覚えています。特に数学と英語は一人でやっていて分からない部分を先生に聞きに行くなど、たくさんお世話になりました。
高校3年生の秋ごろに希望していた大学の推薦を受けることができ、合格したときは3年間努力してきて良かったと感じました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 志望大学は漠然としていたけど、まずは学校の成績表を上げることを目標に日々の勉強をこなしていた。

  • 高校2年

  • 目標とする大学を受験するために必要な評定平均を把握したことで勉強に対する目標ができ、よりモチベーションが上がった。

  • 高校3年

  • Spring

    学校の休校などがあり、勉強のペースがつかみにくかったけれど、休校期間が明けた後は勉強のペースを取り戻すため、今まで以上に塾の自習室を利用するようになった。

    Summer

    推薦が取れないという事態も想定し、学校の勉強と並行しながら一般入試の勉強にも力を入れた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    推薦が決まった後も大学入学後に備えて、引き続き塾で英語の勉強をしていった。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

郷土研究部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年7月

志望大学・学部を決めた理由

将来図書館司書になりたいという希望があり、その資格を取ることができるから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

勉強の伸びが実感できなかったとき。
塾の先生に悩みを伝え、アドバイスをもらった。

アクシスについて

入会時期

中学3年1月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

高校受験に際して、学力を向上しようと思いました。知人が通っていて紹介され、「個別」という点に惹かれて通い始めました。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

塾に入るまでは60点、70点台だった数学・英語で80点~90点台を取ることができるようになりました。
クラス順位も10位以内をキープでき、高校卒業時に学年での成績優秀賞を貰いました。