「頑張っているのは自分だけじゃない」大分大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 大分大学国立

    教育学部

  • Y.Tさん
  • 出身高校
    別府鶴見丘高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis別府校

自分は高校生ではなく教育者であると思って取り組みなさい。

これは学校の先生の言葉で、私は教師を目指しているので、教科の勉強も教育の勉強も受験だけで終わるものではなく、この先も使う知識や力として勉強していました。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

頑張っているのは自分だけじゃない

私が1番Axisに通ってよかったと思っていることは、先生方が勉強や受験を一緒に頑張ってくれていたことです。教科の先生は、内容を理解できるまで何度も丁寧に教えてくれたり、授業以外の時間の質問にも快く答えてくれたりしました。また、授業内容だけでなく、苦手教科の勉強方法や受験での経験談も教えてくれました。また学校行事や予定に合わせて授業を受けやすいように予定表を組んでくれたり、進路相談に親身に乗ってくれたりしました。自分だけでなく先生方も一緒に頑張ってくれているんだと思うと、自分も負けずに頑張ることができました。

先生からのコメント

優衣さん合格おめでとう!高校入学してからすぐに目標を立て、見事に大分大学教育学部の合格を勝ち取りましたね!勉強だけでなく何事にも前向きに取り組む姿は本当に感心しました。高校生活で学んだことを活かし大学生活を謳歌していって下さい。将来立派な教育者となることを期待してます!本当に合格おめでとう!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

「復習」が成績を上げる1番の近道

受験も終盤になると、毎日問題を解き続けるだけの演習期間に入ります。私はそこで出会った問題1つひとつ復習をとても大切にしていました。共通テストのマーク形式の問題では、解答の根拠となる英文にひたすら下線を引いて、問題の傾向や自分が何を読み違えたのかを確認していました。大学二次試験の記述形式の問題では、辞書と参考書を頻繁に使っていました。知らなかった文法や語句を調べて、調べたものだけでなく、該当する英文と一緒に書き出していました。ここで注意すべきなのは、いろんな参考書や単語帳に手を出すのではなく、信頼できるもの1つだけに絞ることです。私はひたすらそれに書き込みやラインを入れていました。英語に限らずどの教科においても、復習を本当に大事にすべきだと思います。

my 高校生活プロフィール

アクシスについて

入会時期

中学3年7月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?