「個別の良さ」関西大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 関西大学私立

    商学部

  • 青山 拓未さん
  • 出身高校
    三島高等学校

    出身校舎 :
    個別指導AxisJR茨木校

全戦全勝

気合をいれるため

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

個別の良さ

1対2の個別の授業だから授業中に先生が自分を相手にしてくれることが多いです。質問がとてもしやすくて、わからないところがすぐに解消できたことも良かったです。集団のように周りのペースに合わせる必要がなく、自分の目標にむかって進められました。また、自分の目標も変えたいといえば、勉強法も軌道修正してもらえることも良いところです。頑張って勉強した分、結果がついてきました。その結果に指導者がとても喜んでくれて嬉しかったし達成感を得ることができました。

先生からのコメント

青山君は「ちょっと早めに部活を引退して受験勉強に専念する!」と宣言。その宣言通り、引退してからは目の色かえて勉強に専念していました。青山君を一言で表すと「素直」。英単語を「~」まで覚えようね、英語長文読むときは()つけてSV書こうね、などちょっと面倒でサボりがちなところも授業外でもしっかり行っていました。そのかいあってか春50だった偏差値が秋には偏差値70になりみんなで喜びました。言われたことを守る・自分に嘘をつかない、そんな青山君だったからこそ第一志望合格できたと思います。おめでとう!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

古典の単語と文法を極める

僕は、古典派単語・文法をきちんと暗記してから文章を読むようにしました。単語・文法が古典読解の土台となる重要な部分だと思ったからです。すぐに覚えられるほど簡単なことではありませんが忘れてしまっても何回も読んで思い出して、覚えなおしてを繰り返しました。単語・文法の本は一冊で充分です。その一冊を使いまくりました。文章を読んでわからないところが出てきたらその本にマーカーを引きました。意外と覚えていないことが多く、気が滅入ったこともありますが、古典はすぐに伸びるものではない、地道な努力が実を結ぶと思ってやり続けました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 定期テストで欠点は当たり前。単位さえ落とさなければいいと思っていた。模試は睡眠時間。部活に全力。

  • 高校2年

  • 夏休み以降にアクシスに通いはじめた。進路の話が増え、志望校を決めた。

  • 高校3年

  • Spring

    4月いっぱいで部活を引退。受験にむけて本格的に勉強をはじめた。定期試験で良い点を取るようになった。

    Summer

    夏休みは1日10時間を目標に勉強した。模試の点数(偏差値)が伸びだした。

    秋冬

    Autumn&Winter

    過去問を解き始めた。点数に執着せず、傾向をつかんでいった。すると徐々に点数が伸びた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

陸上競技部

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年8月

志望大学・学部を決めた理由

自分のレベルにあったところを考えてきめた。

大学選びで最も重視したのは

偏差値

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年5月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の9月~10月

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

7時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

国語の点数が伸びない時
量をこなした。

アクシスについて

入会時期

高校2年9月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

模試の結果や学校での順位をみて、これではまずい!と思ったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

めっちゃ上がった。