「先生の存在が私の力になった!」立命館アジア太平洋大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 立命館アジア太平洋大学私立

    アジア太平洋学部

  • A.Mさん
  • 出身高校
    鹿児島高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis鹿児島中央駅前校

振り返らずに目の前のことをただこなす!

受験にあたって後悔することがあり、学校の先生に話したら、「目の前のことをやるだけだ!」と言われ、昔のことをくよくよと悩んでばかりいてはダメだ!と思った。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

先生の存在が私の力になった!

中学生まで大人数での授業形式の塾に通っていたので、1対1で質問がすぐにできる環境がすごく自分に合っていて良かったと思う。最初は先生との距離の近さに緊張していたけど、先生が大学生で歳が近いのもあって、打ち解けると、勉強の悩みや勉強法、勉強以外の悩みなども気軽に話せるようになった。特に、受験期は、時間がなくて焦っていることや点数が伸び悩んでいることを話すと、共感してくれたり解決策を提案してくれたりして、話を聞いてくれるだけでも気が楽になって、先生の存在がすごくありがたかった。学校の先生や親には相談しにくいことも、自分のことのように話を聞いて一緒に考えてくれたので、とても嬉しかった。

先生からのコメント

松山さん合格おめでとうございます。
入塾時は専門学校に行くと言っていましたが、その後目標ができて、大学進学を目指し、合格を勝ち取ったのは本当に素晴らしいことだと思います。これからも目標達成に向けて頑張って下さい。応援しています。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

英語の教科書の長文対策

英語の定期試験には教科書の長文から問題が出題される。授業中にやった内容のうろ覚えだけでテストを解こうとすると、必ず分からない単語や直訳しただけでは意味が通じない部分が出てくる。それをなくすためには、日本語訳が無くても教科書を見ただけで訳がすらすらと出てくるぐらいに何回も口に出して覚えることが必要だ。自分の解釈では間違っているところもあるので、新出の単語や連語も含めて、授業でもらう日本語訳どおりに頭に入れておく。教科書には、分からなかった単語やどうしても思い出せない表現だけを書き込んで、なるべく自分で訳せるようにする。時間はかかるが、そうすることでテストで教科書の部分はほぼ満点が取れる。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 高校受験に失敗し、入学後の勉強のやる気が一気になくなった。自宅で勉強しなかったせいで、成績がガクンと落ち、親にたくさん叱られた。

  • 高校2年

  • 学校の定期試験の成績が悪すぎて、少しでも点数を上げたいと思い、夏に入塾。数学を中心にテストの点数が上がり、なんとか3年生に進級することができた。

  • 高校3年

  • Spring

    入塾当初は大学に行く気は無かったが、学校や塾の先生のすすめで行きたい大学ができた。推薦入試や一般入試の内容を調べ始めた。

    Summer

    コロナの影響で学校の夏期補習や塾の授業も全てオンラインになった。家から出ないため、家でできることを精いっぱいやった。

    秋冬

    Autumn&Winter

    志望校の指定校推薦枠をもらうことができ、出願に必要となる課題論文や5分間のプレゼンの作成を頑張った。本当に時間が無くて大変だったが、無事合格できた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

茶道部

部活引退時期

高3秋

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年4月

志望大学・学部を決めた理由

全生徒の約半数が外国人という環境がとても魅力的だと思った。学部では宗教学やジェンダー論を学べるので、私が学びたいと思っている内容にぴったりだと思った。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年4月ごろ

過去問を使い始めた時期

使用していない

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校2年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

大学受験のためではなく、定期試験の成績を上げるために行き始めた。友達が行っていたから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

テストの点数は少し上がったが、順位は目に見えるだけ十分には上がらなかった。塾に行っていなかったら、3年生に進級できていなかったと思う。