「親身になってくれる」九州大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 九州大学国立

    工学部

  • 藤本 泰徳さん
  • 出身高校
    三原高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis三原校

辛いのは幸せになる途中です。

模試の判定がなかなか良くならない時の心の支えだった。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

親身になってくれる

先生が一人一人にあった問題を選別してくださったり、自分が理解していないところを的確に説明してくださった。共通テストや二次試験の目標点を取るための作戦や勉強方法についても相談に乗ってもらった。そこで決めた計画のおかげで、明確な目標を持って勉強に集中することができました、そして、二次試験まで完璧にすると予定していた参考書を完璧に理解し、解けるようになりました。

受験生活を振り返れば、
悩んだり落ち込んだり焦ったり…
そんな時、 支えて一緒に乗り越えてくれた人へ、
感謝のメッセージ

両親

受験直前で精神的にきつく、ごはんをあまり食べられなくなった時に、できるだけ食べやすい料理を作ってくださり、ありがとうございました。勉強に関して、僕がしたいように塾に行かせてくれたり、参考書を買ってくださりありがとうございまいた。

先生からのコメント

藤本くんは当初から志望校が明確で、授業に対する姿勢が前向きでした。例えば、読解用のテキストを薦めると、いち早く購入し、家で演習して、授業でも毎回質問していました。やや苦手な英作文の対策も講師の指示に従いコツコツと努力し、成功を掴んだのです。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

勉強計画を立てる

勉強をする前に、勉強計画を立てていました。そのためには、まず自分の今の実力と志望校のレベルを正確に把握して、試験日までにどのレベルの参考書を完璧にしないといけないか考えます。次に、試験日から逆算して各参考書を完璧にする日を月単位または週単位で決めます。あとはそれに従って勉強を勧めました。勉強計画は、各教科ごとに設定していました。僕の場合、物理に関しては、問題集を5冊仕上げる必要があったので、春休みに基礎を固めて入試標準レベルの演習をして、夏休みから応用レベルの問題を解くように計画を立てて、実行しました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 中学数学が得意であったにも関わらず、数学の模試であまり良い点が取れなくて、悔しくて数学の勉強をずっとしていた。

  • 高校2年

  • 数学の成績が伸びてきて3教科の偏差値がだいぶ上がったが、苦手科目である英語と国語の勉強はまったくしなかったので、伸びが小さくなった。

  • 高校3年

  • Spring

    受験まであと1年もあると勘違いをして、あまり熱心に勉強をしていなかったが、真剣に勉強している友達を見て自らの態度を改めた。

    Summer

    ようやく受験生としての自覚が出てきて、苦手科目の勉強を始めた.

    秋冬

    Autumn&Winter

    なかなか成績が思うように上がらず志望校を落とすかどうか悩みながら勉強を続けた結果、共通テスト直前に英語ができるようになった。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

卓球部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年5月

志望大学・学部を決めた理由

旧帝大の一つであり、研究施設があり、高いレベルの授業を受けられると思ったから。

大学選びで最も重視したのは

就職先・就職率
その他(研究施設)

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年1月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

9時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

今まで簡単に解けていたレベルの問題が解けなくなった時。
問題を解く時に、「どうしてこの解法を使うのか」や「どのような発想を持つべきか」ということを改めて意識した。

アクシスについて

入会時期

高校2年1月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

英語の成績を上げたかった。チラシで見たから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

英語の共通テストで、5割から9割ほどとれるようになった。