「暗記科目との戦い」立教大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 立教大学私立

    観光学部

  • 宮本 有彩さん
  • 出身高校
    清教学園高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis河内松原校

「信じれば夢は叶う」はおそらく正しい。ただし一文が抜けている。「信じて、努力を続ければ夢は叶う」これが正解だ。

漫画から

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

暗記科目との戦い

元々高1、高2とほぼ全く勉強していなくて、基礎知識が全然なかったのでそこに苦労しました。学校の小テストもよく落としていました。なので塾では、とにかく暗記系をサボらずに進めることが大切だと思い、先生に授業ごとに小テストをしてください、と頼んでみました。英語の授業の時には英単語、国語の時間には古文単語など、着実に使える知識を増やしていきました。私の受験した大学の古文は単語と文法事項の読み取りを重視したテストだったので、この勉強法がとても有効的でした。初めて過去問の古文で満点をとった時に、嬉しくて先生に笑顔で報告しました。

先生からのコメント

受験にあたっては挫折もありましたが、それも力強く乗り越えて、最後は立派な結果を残されました。大学で何を極めるか、目標をクリアに持っておられる宮本さんです。得意な語学力を活かし、専門分野を極めて、世界と日本との懸け橋になってください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

暗記と思考をバランス良く

ほとんどの科目には暗記する要素と考える要素があります。暗記する要素を使って、思考して問題を解くのが一般的だと思います。ただしこの二つのどちらかに偏りすぎると、問題は解けません。暗記するだけで、その知識を使えなければ意味がないし、逆に何も知らずに空想で問題を解いても、あてずっぽな答えになってしまいます。問題を確実に解くためには、この二つを、バランス良くきたえる必要があります。空いた時間には暗記、机に向かっている時にはしっかり考える。このメリハリをつけて、正しく知識を応用できるようになれば、もっと高得点を狙えるようになるはずです。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 何も勉強していなかったです。週末はほぼ毎週遊びに行っていました。

  • 高校2年

  • 留学を経験して、一つ下の学年に編入になりました。受験生になった元の学年の友達を見て、なんとなく受験に対して不安な気持ちを覚えました。

  • 高校3年

  • Spring

    クラスが変わって、違うコースのクラスに編入になって、とにかく馴染もうと大変でした。この時はまだあまり受験生の自覚はありませんでした。

    Summer

    学校が駅から遠いので、歩いて行くのがおっくうになったりしました。そんな時は、塾の自習室に通っていました。

    秋冬

    Autumn&Winter

    本格的に受験勉強を始めました。夜遅くまで塾にいて、忙しくて大変でした。時間が過ぎるのがとにかく早かったです。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

インターアクト部

部活引退時期

その他

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年6月

志望大学・学部を決めた理由

観光を勉強できる大学が少ない中で、日本トップクラスの水準で観光が学べる学部だから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年9月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の9月~10月

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

共通テストから一般試験までの期間
大学のホームページを見てやる気を高めたり、周りの人に志望校を宣言すること。

アクシスについて

入会時期

高校3年7月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

小論文の指導など、様々な要望に答えてくれると友人が紹介してくれたから。
夏休みのキャンペーン中で、入会がお得だと思ったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

12月頃から国語の勉強を本格的に始めて、偏差値が10近く伸びた。