「最後の追い込み」三重大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 三重大学国立

    生物資源学部

  • 若松 真穂さん
  • 出身高校
    和歌山信愛高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis岩出校

与えられた時間はみんな同じ

受験期に時間がなくて追い込まれた時に、残された時間は受験生みんな同じだと思って最後まで頑張ることができました。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

最後の追い込み

私はAxisに通い始めたのが、高3の12月と遅く受験直前期だったので毎日学校で残って勉強してからAxisに来て自習室で勉強したり、授業を受けたりしていました。受験直前で心に余裕がなく、常に焦っているような状態でしたが先生方があたたかく見守ってくださったり声を掛けてくださったお陰で少し落ち着いて勉強に集中することができました。苦手な数学でも解き方のコツなどを教えていただき、それを意識しながら解くことで以前より解ける問題が多くなかったように感じました。
また、共通テストの前日はとても緊張して勉強しても頭に入らない状態でしたが、その時に先生が電話をかけてきてくださって「普段通りやったら絶対大丈夫」と言って下さったので心を落ち着けて勉強し、テストを受けることができました。勉強面だけではなく精神面まで支えていただきました。

先生からのコメント

志望校選びでは紆余曲折ありましたが、勉強に向かう真摯な姿勢と、直前の時期でも授業では楽しそうな声も聞こえてきて、精神面は大丈夫、あとは普段どおりにと確信を持てていました。将来の夢に一歩近づきましたね。充実した4年間になりますよう祈ってます!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

分からなかったら教科書に戻る

問題を解いてみて、少しでも不安な部分やわからない部分があれば自分が使っている参考書でその単元に戻ってひとつひとつ復習していました。時間もかかるし面倒ではありますがそうすることで頭に入るし、その周辺の部分まで一緒に復習することで、流れも覚えることができるので手間を惜しまずにきちんと復習するといいと思います。また、複数の参考書に手をつけるのではなく昔から使ってきた一冊の参考書に書き込んだり、重要なところには線を引いたりして自分だけの分かりやすい参考書を作ることをお勧めします。私はその参考書を受験本番も持っていき直前まで見ていました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 学校の宿題でしか勉強していませんでした。通学の電車の中で小テストの勉強をしていました。

  • 高校2年

  • 高2から真剣に受験勉強に取り組み始めました。クラスのみんなから遅れをとっていたので早くみんなに追いつけるように必死で勉強し、膨大な量の宿題をこなしていました。

  • 高校3年

  • Spring

    私は朝の方が勉強に集中できたので朝4時半に起きて勉強してました。睡眠時間を削ると集中力が下がるので、睡眠時間は削らないようにして出来るだけ寝る時間と起きる時間を固定していました。

    Summer

    毎週末図書館に通って開館から閉館までずっと勉強していました。

    秋冬

    Autumn&Winter

    共通テスト直前は、地歴の勉強を主にしていました。もっと早くするべきだったなと思いました。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

茶道部

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年1月

志望大学・学部を決めた理由

将来、化粧品会社の研究職に就きたいという夢があり、それを実現できる学部に入りたいと思ったから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
場所

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

8時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

10時間以上

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年12月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

共通テスト直前になっても数学が苦手で不安な気持ちが大きかったから。
家から近く、自習室もあるのでAxisを選びました。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

共通テスト模試で初めて数学で80点以上取ることができました