「ひたすら問題演習」明治国際医療大学合格(2024年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2024年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 明治国際医療大学私立

    鍼灸学部

  • 小寺 愛音さん
  • 出身高校
    京都市立紫野高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis嵯峨校

塾の先生に教えてもらったことを最大限に引き出してこい

受験日の前日に塾へ行った際に、先生方から応援メッセージを貰い、そこに私の担当の先生からのメッセージに書いてあって安心したから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

ひたすら問題演習

私は、数学が大好きで得意科目です。しかし、確率や順列の分野だけは大嫌いで苦手でした。その分野は、成績が5段階中で2を取ってしまうくらい全くできないほどです。しかし、今は数学のどの分野の正答率と同じぐらいとれるようになりました。
何をしたかというと、まずは担当の先生に相談をしました。その時に先生は、まず学校で使用している問題集に載っている確率などの問題を全て解いて、分からないところがあれば説明する。と言われたので、授業毎に解いた問題で分からない問題があれば解説することを何回か行いました。問題集を全て解いた後、先生は私が間違えた問題をコピーし、切り取りました。先生はそれをランダムに引いて毎日解きなさい。と言いました。それを高校3年の春から始めました。夏休みでは、青チャートで行いました。効果はすぐ出なかったけれどひたすら確率をマスターしようと何度も何度も問題を解きました。そして、最後の模試では、確率の分野の正答率が1番高くとれました。
先生の提案してくださった勉強法と協力のおかげで確率の分野が好きになれました。

先生からのコメント

合格おめでとうございます!
自習も毎日のように利用していましたね。
小さい頃からの夢であった道へ進めたことが私も嬉しい限りです。
これからも夢に向かって頑張ってください!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

長文の苦手克服

私は、英語長文が苦手でした。集中力が続かないのもそうですが、単語や文法を覚えてても長文に出てきた時に忘れてしまい、実践不足でした。そのことを担当の先生に相談した時に、英語長文の問題集勧めてくれました。しかし、普通に解くのではなく、長文を全て日本語訳をするでした。分からない単語や文法が出てきたらメモをする。これを繰り返していくと、長文を読む時の集中力が続き、単語の使い方、文法がわかると先生は教えてくれました。さらに、これをおこなうとある単語が分からなくても予測して意味がわかるとも教えてくれました。様々な長文を読んで日本語訳して言ったおかげで、英語の模試では少しづつだったけれど伸びました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 高校生になれたことに浮かれていて、全く勉強をしていなかった。

  • 高校2年

  • 部活が2年生主体だったので勉強と部活との両立に難しさを感じていた。

  • 高校3年

  • Spring

    いきたい大学のためにまず、自分は何が苦手科目なのかを分析していた。

    Summer

    本格的に受験勉強を始めようと、苦手科目を集中的に克服しようと問題演習を繰り返した。

    秋冬

    Autumn&Winter

    受験のラストスパートなので、ひたすら志望大学の過去問やセンター問題の過去問を解いていた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

硬式テニス部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

中学2年10月

志望大学・学部を決めた理由

スポーツトレーナーを目指すため。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年10月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の夏休み

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

受験日の2週間ほど前から
友達や両親、塾の先生など

アクシスについて

入会時期

小学5年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

学校で勉強が遅れないように。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

中学1、2年では全く勉強をしようという気が起きていなかったけれど、中学2年の後期、3年からは本気で勉強を始めたことで自分の得意科目が見つかって勉強が好きになったし、定期テストでは得意科目は80点を超えるのが当たり前だった。