「大学のことについて聞ける。」産業能率大学合格(2024年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2024年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 産業能率大学私立

    情報マネジメント学部

  • Hさん
  • 出身高校
    清林館高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis一宮駅前校

勝ったのは強いヤツより、諦めないヤツだった。

疲れたもうやりたくないと思ったときにこの言葉を思い出して頑張りました。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

大学のことについて聞ける。

大学生の先生が多いので、大学だと高校と違うこんな授業があるとか、サークルの話などを聞けるので、自分の勉強のモチベーションにもなった。
個別指導なので、集団授業と違って自分がこの単元をやりたいとか、定期テストの範囲の分からないところをやってほしいなど、自分のやりたい勉強を柔軟にやってもらえるところが私にとってはとても助かったし、そのおかげで定期テストでもいい点数やいい順位を取れたと思う。受験が終わった今も、自分が英検のテキストを使って英検の勉強をしたいと言ったら、英検の勉強を授業でやって貰えたのが嬉しかった。

先生からのコメント

最終的には使いませんでしたが、指定校推薦に向けてずっといい成績を取り続けてくれていましたね。
この3年間があったからこそ、総合型選抜に切り替えても実力を発揮できたのだと思います。
本当に長い期間よく頑張ってくれました。
合格おめでとう!!大学生活も精一杯楽しんでください!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

もう一度同じ文章を解く。

小論文は慣れが必要なので、同じ文章の問いを1回目とは違う意見で書いて解いてみる。それを担任の先生や、教科の担当の先生に見せてフィードバックしてもらう。そうすることで自分が見直すのはもちろんですが、自分で見直しても気づかなかった漢字のミスや、誤字脱字にも気づけました。入試本番は緊張していつも通りにはいかないからこそ何回も練習を重ねることを意識しました。
毎回同じ先生に意見をもらうのではなく、違う先生にも見てもらうと視野が広がって小論文を書くときの自分の知識の量を増やせるのでおすすめです。
毎日ニュースなどをチェックしていました。特に、自分の行きたい学部についてのニュースなどはチェックしておくと小論文だけではなく、面接のときにも使える可能性があります。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 大学のことは本当に何も考えていなかった。友達と遊んだり、部活したり、楽しく過ごしていた。

  • 高校2年

  • だんだん受験のことについて言われることも多かったけど、あんまり考えてなかった。

  • 高校3年

  • Spring

    指定校でどっか大学行こうかなーくらいに考えていた。学校の成績もまあまああったので指定校も取れると思って過ごしてた。

    Summer

    志望校が決まって、その大学は指定校がなかったので、総合型選抜でいくか、公募制推薦でいくかで迷ってたくらい。

    秋冬

    Autumn&Winter

    受験が終わって勉強を全くしないというのもダメだと思ったので、英検の勉強をし始めた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

バドミントン部

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年7月

志望大学・学部を決めた理由

自分がやりたいことがあったから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年12月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の夏休み

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

定期試験は何日前から勉強した?

10日くらい前

アクシスについて

入会時期

中学2年4月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

自分の家ではあまり勉強できないタイプだったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

苦手だった数学の成績があがって、順位も上がった。