「先生方の生徒一人一人に合った指導」芝浦工業大学合格(2024年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2024年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 芝浦工業大学私立

    工学部

  • 加藤 拓さん
  • 出身高校
    弘前中央高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis弘前校

お前が休んでいるとき、俺は勉強している。お前が勉強しているとき、もちろん俺も勉強している。

友達や同じ目標の人と勉強時間を共有することでモチベーションを保っていたため。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

先生方の生徒一人一人に合った指導

どの先生も親切で自分がやりたいものをやらせてくれたり、自分に足りないものを補えるような問題を用意してくれたり、推薦入試に向けた面接や小論文の指導など生徒一人一人と向き合い、それぞれに合った指導をしているのが自分だけでなく周りの人もしっかり見ていると感じました。テストや模試の結果が悪くても先生方が慰めてくれたり、また結果が良いときは褒めてくれたりと、メンタルケアの面でも支えられえていました。中でもアプリによるリスニング演習は、自分のレベルに合った問題を毎週用意して頂いたおかげでかなりリスニングの点数が伸びました。

先生からのコメント

合格おめでとう!本当によく頑張りました。中学時代から背伸びせず、しかし立ち止まらず、地に足をつけてこつこつじっくりと勉強してきましたね。ひとつの成長・成功モデルとして今後語り継いでいきたいと思っています。これからの活躍に期待しています!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

英語をニュアンスで覚える

英単語を覚えるときに、ひとつの単語とその訳を1対1で覚えるのではなく、その単語を大体のニュアンスで頭に入れておくと応用がききやすくなり、英熟語も覚えやすくなります。具体的に言うと"make"という単語を「作る」という意味で覚えるのではなく"make"は「何かを作るみたいな感じ」として覚えるということです。特に動詞は自分でなんとなくの動作をすることで覚えやすくなりました。このように英単語をニュアンスで覚えることで長文読解において長文すべて隅々まで読まなくても、問題を解くうえであまり大事ではない箇所は流して読むことができ、効率的に長文問題を解くことができるようになった気がします。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 学校に慣れることや部活動で忙しかったが、特に英単語に力を入れた。

  • 高校2年

  • 部活動に励みながらも、数学や物理の基礎的な問題をひたすら解いた。

  • 高校3年

  • Spring

    長文読解できる力を身に着けると同時に、理系科目の演習を中心に行った。

    Summer

    推薦入試に向けての準備をすると同時に共通テスト対策を始めた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    推薦入試に向けた最終調整をし、共通テストの過去問や予想問題を解いた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

テニス部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年7月

志望大学・学部を決めた理由

自分が東京で大学生活を過ごしたかったため、東京に立地しておりまた自分の目指す偏差値に達していて就職率も高く、自分の学びたい内容を十分に学ぶことができると考えたため。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
偏差値
場所
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年2月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の夏休み

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

中学3年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

兄が通っていて、話を聞くと良さそうだったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

中学校で全体の平均ほどだった点数が、最終的に200人中20位まで上がった。
高校では全体で20位くらいだったが、一桁順位を取ることができた。