「全てはAxisのおかげ」仙台第一高等学校合格(2022年度)高校受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 仙台第一高等学校公立

    普通科

  • 佐藤 高途さん
  • 出身校舎 :
    個別指導Axis上杉校

    入会時期 :
    中学1年4月ごろ

努力すれば報われるのではない。報われるまで努力するんだ。

努力したのにテストでよい結果が出なかったとき、勉強を嫌がらずに結果を受け止めて再び勉強を再開することができたから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

全てはAxisのおかげ

私は中1のころ、ほぼ全てのテストをノー勉で受けていた。440点くらいとれていたため、正直満足していた。確かに高得点だが、責任者の齋藤先生はどんなに私が高得点を取ろうと「次は460点」「次は475点」と次々と目標を出してくれた。さらに達成できなかった場合は追加課題などが用意されていたため、回避しようとゲーム感覚で勉強することができた。他の先生は、歳が近いため会話しやすく、受験生の気持ちを本当によく理解しているため心の支えになった。勉強を強制的にやらせるのではなく、精神面のサポートにより自主的に勉強をしたくなるようにしてくれるのがAxisの良いところだと私は思う。

先生からのコメント

高途くん、改めて志望校合格おめでとうございます。
上杉校開校直後に来てくれてから4年目になり、そこからずっとがんばる姿を拝見していますが、高途くんは本当に素敵な努力家だと思います。約束は守り、気持ちは強く、それでいて謙虚に勉強に励む姿はまさしく大成する器だと思っています。今後も難しい問題に直面して苦労することも多々あると思いますが、まっすぐな気持ちを忘れずに頑張ってもらいたいです。次は大学受験に向けて志を高く持って勉学に励んでいきましょう。いつまでも応援しています!!
責任者の齋藤より

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

60点台から90点台に

まず自分は何が苦手でどこで点を落としているのかを分析した。その結果、自分で式をつくる、与えられた条件をうまく活用するのが苦手であり、関数と図形で多くの点を落としていることがわかった。闇雲に問題を解いても仕方ない、一つひとつ丁寧に解決しようとした。例えば自分で式を作るのは連立方程式の難しい問題を解くことで鍛え、さらに速く解くために時間を測ったりもした。関数で点を落とすからと関数ばかりをやるのは良くないと思う。それ以外の分野が抜けているからその分野も解けないのである。まとめると、分析し課題を明確にする、その課題を解決するのに合った分野を探し、その分野を完璧にする。これが大事だと思う。

my 中学生活プロフィール

部活について

部 活

剣道

部活引退時期

中3夏

志望校について

志望校を決めた時期

中学2年9月

志望校を決めた理由

二高よりも楽しそうで自由であり、自由だからこそ自分で考えて行動しなければならないということに魅力を感じたから。

高校選びで最も重視したのは

その他(自由さ)

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

中学3年6月ごろ

過去問を使い始めた時期

中3の夏休み

中学3年 夏休みの1日の勉強時間

9時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

みや模試の数学で連続で60点台を取った時。ひたすら数学だけ勉強して解消した。

アクシスについて

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

勉強が好きだったから。もともと上杉にあった駿台に通っていたが、なくなってしまったため。近くにある他の塾かアクシスかの2択で選ぶことになったとき、アクシスがよかったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

450点以下だったのが、ほぼ毎回450点以上取れるようになった。順位が1ケタに上がった。最高で480点以上取ることができた。学年1位も取った。