「新しい発見」東京医科歯科大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 東京医科歯科大学国立

    歯学部

  • 岡田 楓夏さん
  • 出身高校
    智辯学園和歌山高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis和歌山校

努力は裏切らない

自分が苦手だった化学も勉強した分だけ模試の結果が上がったから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

新しい発見

もともと、集合の方で英語を習っていたが苦手だったこともあり、授業についていけずほかの塾を探していた。その時、知り合いのお母さんにAxisのことを教えてもらった。私は、特に長文読解が苦手で読み方について重点的に教えてもらった。私がそこで、衝撃を受けたのは、単語がわからなくても周りから推測して読めるということだった。今となっては当たり前のことだが、当時は学校の予習でもわからない単語が出るたびに辞書で調べていたため単語がわからないともうその文章は読めないと思い込んでいた。しかし、Axisで読み方を習ってから最後まで文章を読んでから辞書を引くよう癖づけた。それから、模試でも徐々に文章が読めるようになり成績も上がっていった。

先生からのコメント

受講を始めた時、学校の成績では充分なスコアが取れているけれど自分の中では何か違うすっきりしない感覚があるようでした。個別授業では、単語の意味を追うのではなく、英文の仕組みやシステムを改めて学習しそれを根本的認識とすることに重点を置きました。『読まされるのではなく、自らが読み解く』意識を変えることでやがて読めないモヤモヤから抜け出し、読解に自信が持てるようになりました。成功のカギは ” question oneself ” そして good work !

合格おめでとうございます。

* K. Takahashi *

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

不安をつぶす

多くの参考書を解くのではなく、一つの参考書を徹底的にやり込んだ。これをはじめたきっかけは、得意だと思っていた数学で思うように点数が取れなくなった時、学校の先生に相談すると「4STEPをとにかくやり込めばいい。」と言われ、問題を見て瞬時に解答が思い浮かぶまで繰り返し解くようにした。すると、定期テストだけでなく、模試での成績も伸び以前よりも胸を張って数学が得意科目だと言えるほどになった。それから、他の科目でもまず学校で支給されるリードαなどを完全に理解できるまでやり込むようにした。間違えた問題には、付箋をし次に解けるようになれば付箋をはがしていくようにした。こうすると、だんだん付箋の数が減っていくのが目に見えてわかり、苦手な科目も楽しんで取り組めた。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 学校が終わってから、塾が始まるまで自習室で勉強するようになった。

  • 高校2年

  • 自分の得意科目を集中的に行った。

  • 高校3年

  • Spring

    苦手科目を集中的に行った。

    Summer

    自分の志望校の過去問を解き始めた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    センター試験に向けて、最後の基礎内容の確認をした。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

天文学部

部活引退時期

高2冬

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年6月

志望大学・学部を決めた理由

大学に入ったら留学がしたかったので、海外の大学と交流がたくさんあるところを選んだ。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年12月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の夏休み

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

8時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

得意科目だった数学で伸び悩んだ時
青チャートで自身の苦手分野を基礎からやり直した。

アクシスについて

入会時期

中学3年6月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

中学3年生の時に定期テストで英語が思うように取れず、塾を探していた時、友達のお母さんに教えてもらった。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

英語は模試の偏差値が50後半になる時もあり、成績が安定しなかったが、60以上をキープできるようになった。