「すぐに苦手を克服できた」香川大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 香川大学国立

    教育学部

  • 大谷 陽菜さん
  • 出身高校
    倉敷青陵高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis茶屋町駅前校

最後まで戦った奴が必ず勝つ

学校の先生が推薦入試やAO入試で合格している人がいても、気にせず自分が目指すところをひたすら目指したら必ず勝機はあるとおっしゃっていた。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

すぐに苦手を克服できた

始めは緊張して授業の内容を把握することに手一杯だったが、フレンドリーな先生が多くいらっしゃったので、授業の中でも最近の出来事とかを話したり、とにかくラフな感じで授業を進めてくださったので、楽しいと思えたし、講習会を受けることで沢山の先生と出会え、授業外でもいろんな先生に質問できるようになったので、苦手を楽しく、そしてすぐに解決できることが出来た。

先生からのコメント

最後までよく頑張ったと思います。大学でもその負けん気で部活も勉強も一生懸命頑張ってください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

単語帳の見方

英単語を覚えるのも大事だけど、英単語を見てその意味を覚えたら本文が読めるようになったから、意味をひたすら覚えるのがいいと思う。
また、その単語自体だけを覚えるのではなく、多分どの単語帳にも関連のある熟語や類義語が載っていると思うから、読んだ本文に出てきたものだけでもいいから覚えると得すると思います。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 部活に力を入れすぎて勉強にあまり手が回らず、常に下から数えたほうが早いような順位を取り続けていた。

  • 高校2年

  • 文理に分かれ、自分がなりたい職業も決まり、いきたい大学に向かって勉強の量を増やすようになった。

  • 高校3年

  • Spring

    受験生という自覚を頭の隅に置き、とりあえず引退試合に向けて部活に力を入れていた。

    Summer

    部活を引退し夏休みは図書館などに行き、一日10時間勉強することを目標にとにかく問題を解きまくった。

    秋冬

    Autumn&Winter

    文化祭や体育祭が終わり三年生全員が受験モードになり、周りに流されず自分のペースで勉強の量を夏と変えないように頑張った。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

バスケットボール部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年1月

志望大学・学部を決めた理由

センターの点と、学びたい学科があったから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年6月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

10時間以上

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

勉強を人よりしているのに思うように結果が出なかったとき
まわりを気にせず自分は誰よりも努力していると思うようにした

アクシスについて

入会時期

高校2年1月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

もともと入塾する前は集団の塾に通っていたが、自分に合わないと思ったので自分のレベルに合った授業が受けられる個別指導を受けたいと思ったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

数学が本当に出来なかったので、アクシスに入ってから数学を主に教えてもらったのですが、おかげで平均点にも達していなかったのに、学ぶにつれてどんどん点が伸び、最終的には平均点を大きく上回る点がとれました。