「自習室の環境の良さ」川崎医療福祉大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 川崎医療福祉大学私立

    リハビリテーション学部

  • 吉原 啓太さん
  • 出身高校
    尾道高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis尾道校

蛍雪の功

頑張って勉強を続けた結果、合格できた

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

自習室の環境の良さ

僕は受験の時期になって初めて自習室を利用しました。飲食禁止・携帯電話の使用禁止の自習室ではいつ行っても勉強に集中できます。気づいたら時間が経っており、模試の自己採点をした後の復習や塾の課題、志望校の過去問題などやることを探せばあり、その時に自習室を有効活用しました。家ではどうしても怠けてしまい、自分にとってはとても良い環境だったといえます。周りに黙々と勉強している人がおり、良い刺激を受け勉強に臨むことが出来ます。塾には問題集もあるためそれを借りて解いたりなどもしました。

先生からのコメント

小6の時、初めてアクシスにやって来て、中学受験し、現在の私立中高一貫校へ進学。高2の春に成績が伸びず悩んだ末、いったん退会しましたが、その後も講習会には参加していましたね。そして、受験を控え、目標と受験校を決定した高3の夏、受験科目3科の通常授業を再開。ほぼ毎日の自習室利用で受験に臨みました。AO入試では準備が間に合わず合格することはかないませんでしたが、推薦前期の再チャレンジで第一志望の大学への合格を勝ち取ることができました。夢を実現したいという強い意志が彼の原動力だったように思います。悔しがったり喜んだりしたこの経験を是非、これからの人生に活かしてほしいと思います。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

英語の文法と単語

僕は高校3年生まで英語は定期テストの前に勉強するぐらいで習慣化していなかったため、模試でも良い点は取れず5割を切っていました。しかし、休憩時間の少しの時間や通学の移動の少しの時間を利用して「アップグレード」で熟語や文法を覚え、「ユメタン」で大学入試レベルを中心とした単語の暗記に取り組みました。今でもセンター過去問や模試で分からない文法や単語がありますが、何となく読めるようになり長文読解のスピードも上がっていきました。完璧ではないですが、しっかり勉強してセンター試験本番に向けて頑張りたいです。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • バスケットボール部に所属することに決めた1年生は内面的な性格のあまり、良いプレイをすることが出来ずに悩みました。でも、チームメイトの励ましもあって3年間続けることが出来ました。

  • 高校2年

  • 進路を決めるという大事な2年生の冬の時期に、行きたい大学も将来なにをしたいのかも分からずじまいでしたが、親や友人に色々相談することで自分の進路も明確になりました。

  • 高校3年

  • Spring

    この時期に部活で大きなケガを負い、引退試合は出ることが出来ないと医者に申告されますが、理学療法士と共にリハビリを頑張り、最後の試合に少し出ることが出来たので悔いはないです。

    Summer

    進路が明確に決まりAO入試を前期後期受けますが、倍率が高いこともあって、落ちてしまいます。

    秋冬

    Autumn&Winter

    そして推薦前期を受け見事合格、最後まで諦めずやり遂げる事が出来て本当に良かったです。この受験の経験は今後の人生でも必ず活かすことが出来ると思います。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

バスケットボール部

部活引退時期

高3春

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年4月

志望大学・学部を決めた理由

高校の時、部活で大きなケガを負って、その時真摯に向き合ってくれた理学療法士の人に憧れを抱き、理学療法士になりたかったため、家から近く学費が他の私立大学よりも安い所を重視して決めました。

大学選びで最も重視したのは

就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年6月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の4~6月

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

偏差値が圧倒的に志望大学に及ばず、伸び悩んでいたため塾に通おうと思った

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

模試で主要三教科の偏差値が飛躍的に伸びた。