「苦手な英語が得点源になりました。」広島修道大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 広島修道大学私立

    健康科学部

  • 杉原 碧さん
  • 出身高校
    山陽女学園高等部

    出身校舎 :
    個別指導Axis井口校

スタートラインはいつでも引ける

小学校の先生が、卒業式で言っていた。
上手く勉強できなかった日からの切り替えができた。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

苦手な英語が得点源になりました。

私は英語が苦手で、基礎の基礎から勉強したいと思い、個別指導を選びました。
英語の担当の先生は、とても丁寧なだけでなく、自分の苦手な分野を把握して下さっていたため、できないところを徹底的につぶしていくことができました。
また、質問したところも他の単元と絡めて説明してくださり、次の学びにもつながりました。
最後には、英語が得点源になるほど伸びて、本当に嬉しかったです。
先生に教えていただけて本当に良かったです。
ありがとうございました。                                

先生からのコメント

合格おめでとう!自分に厳しく続けていくのは本当に大変な挑戦だったと思いますが、その一生懸命な姿にこちらも何度もパワーを貰いました。本当にありがとう!!
今回の経験は碧ちゃんが生きていく上で必ず役に立つと思うので、自信を持って自分の好きな勉強に打ち込んでください!これからも色んなことにチャレンジして、大学生活も楽しんでね!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

単語帳や参考書以外での暗記方法

問題を解いていて、知らない英単語や文法などがあった場合、付箋に書いて壁に貼るようにしていた。
ノートに書き留めたりもしていたが、ノートを開くのが面倒くさく感じていたため、この暗記方法に切り替えた。
勉強で疲れた時に、壁に向かって座って眺めたりしていた。
付箋が貼ってある大体の位置を覚えることが、単語や文法を思い出す手掛かりにもなっていた。
また、付箋を貼るほどに視界に入ることも多くなったため、勉強へ意識が向きやすくなった。
いやでも勉強をする気になったため、だらけてしまいがちな人にはおすすめな勉強法だと思う。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 学校に行くことができない日が多くあったため、勉強もはかどらなかった。

  • 高校2年

  • 体調が少し良くなったため、学校の勉強よりも自分のペースを優先して勉強していた。

  • 高校3年

  • Spring

    勉強の具体的な計画を立てたことで、先への不安が一気に増した。

    Summer

    体調があまり良くなかったこともあり、模試が帰ってくるたびに不安になっていた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    勉強ばかりの生活に慣れていた。
    勉強をしていれば余計な事を考えないですむため、不安になると勉強していた。

my 高校生活プロフィール

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年12月

志望大学・学部を決めた理由

自分の知りたいことと、研究室の研究内容が同じだったから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年12月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の4~6月

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

9時間

定期試験は何日前から勉強した?

10日くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

模試で数学の問題の正答率が下がったとき
基本の問題集に立ち返って自信をつけた

アクシスについて

入会時期

高校2年12月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

体調が悪かったため、学校の帰り道によれる塾で、自分のペースで勉強したかったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

苦手だった英語の点数が30点以上上がった。