「様々な面での支え」大分大学合格(2020年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2020年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 大分大学国立

    理工学部

  • 平松 ももなさん
  • 出身高校
    別府鶴見丘高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis別府校

努力は実る

前日まで勉強していたから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

様々な面での支え

最初は、前に通っていた塾で数学Ⅲが教えられないと知り、理系の学部に進学するために数Ⅲを教えることができる塾を、ということで友人に紹介され、入会しました。入ったばかりの時は友人もいて、毎週友人と帰ったりしていましたが、友人がやめてしまった後は1人となり、心細く思うときもありました。そんな中、授業の際に先生方が話を聞いて下さったりして、とても心強く励みになりました。おかげで毎週楽しく通うことができ、理系科目も根本から教えて頂き、理解が深まりました。試験前にも添削等をして頂き、合格にもつながったのではないかと思っています。

先生からのコメント

ももなさん合格おめでとうございます!受験生としての自覚が芽生えてから一生懸命勉強に向かう姿勢はとても印象的でした。受験に向けて日に日に不安もあったでしょうが、その不安さを見せないところがももなさんの強さだっと思います。推薦入試までの勉強や練習など本当に辛い時期もあったからこそ乗り越えた先の合格だったと思います!大学生になってもこの今までの努力を研究や専門知識向上に活かしてください!本当におめでとうございます!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

初めての科目

情報という科目については、1年生のときに少しやった程度でほとんど勉強したことはありませんでした。しかし、私の第1志望の学科・コースでは推薦入試において必須科目になっていました。私は3年の9月というとても遅い時期からですが、まず本をいくつか購入して読み始めました。また、添削にも毎日のように通い、多くの指導を受けました。Axisでも情報についての資料を持ってきて下さったり、アドバイスを下さったりしました。とてもありがたかったです。ネットで情報系のニュースについても頻繫に調べ、流行についても調べておきました。それらも本番でとても役立ちました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 高校生活に慣れることにせいいっぱいで、あまり勉強できていませんでした。行事も初めてのことばかりでバタバタしていました。

  • 高校2年

  • 高校に慣れてきて、テストや模試の点を見て勉強方法を工夫するようにしていました。苦手な科目もはっきりしてきました。

  • 高校3年

  • Spring

    受験生という立場になり、勉強へ向かう姿勢が変わりました。勉強面以外でも最上級生として意識するようになりました。

    Summer

    だんだん勉強面での不安が増え、塾で自習をしたりしてなるべく勉強できるように考えました。

    秋冬

    Autumn&Winter

    試験日も決まり、手続きを進めながら、毎日遅くまで学校に残って添削を頼んだりしました。直前まで必死に勉強しました。

my 高校生活プロフィール

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年4月

志望大学・学部を決めた理由

・研究室の研究内容

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年9月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の9月~10月

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年4月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

・以前通っていた塾が数Ⅲを教えられなかったから。
・友人からいいと聞いたから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

下がりつつあったが、上がった。