「時間を無駄にしない」山口大学合格(2021年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2021年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 山口大学国立

    人文学部

  • H・Sさん
  • 出身高校
    岡山一宮高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis津島校

ちりも積もれば山となる

毎日勉強するのが嫌になったときにこの言葉に励まされました。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

時間を無駄にしない

私が個別指導アクシスでいいなと思ったところは、毎回の授業で分からないところを先生が丁寧に教えてくださったり、受験についての経験談やアドバイスをもらえたりしたところです。個別指導の先生は年齢が近いので話しやすく、分からないことなどを気兼ねなく聞くことができました。さらに、共通テストや二次試験での時間配分なども教えてくださり、実際に試験を受けるときにとても参考になりました。また、能開の自習室も役に立ちました。私は家ではなかなか集中して勉強することができませんが、自習室は静かで集中しやすい雰囲気が作られているので、気が散ることもなく勉強することができました。自習室には同じ受験生の仲間がたくさんいたので、他の受験生が頑張っているから私も頑張ろうという気になり、積極的に自習室を活用することができました。

先生からのコメント

合格おめでとうございます。担当の先生とともによく頑張ってくれました。夏頃から自習室で英語の単語テストを毎週したり、模試の結果に一喜一憂したり…、大変な1年間でしたね。とてもまじめなので、先生からの無理難題にもちゃんとついてきてくれたのがうれしかったです。お疲れさまでした。これからの活躍を楽しみにしています。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

苦手な問題は繰り返し解く

 私が一番苦手な教科は数学でした。復習をしっかりしていなかったので授業で習った直後は分かっていたことでも、時間がたつと忘れてしまい、授業は先に進んでいくので苦手が積み重なっていきました。塾に入ってからは、学校で習ったことの復習を重視して、チャートを繰り返し解きました。簡単すぎたり、難しすぎたりする問題は除いて、自分のレベルに合ったものを解いていきました。一周目はひたすら問題を解いて、先生にヒントをもらったところや全く分からなかったところにしるしをつけて、二周目以降ではしるしをつけた問題を中心的に解いていきました。
苦手な問題を繰り返し解くことで記憶に残りやすく、同じような問題が出たときに思い出しやすいのでおすすめです。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 運動部に入っていたので、朝練も休日練もあり宿題をするのが精一杯だった。

  • 高校2年

  • 一年生の頃よりは勉強時間を確保でき、部活と勉強の両立ができるようになった。

  • 高校3年

  • Spring

    学校に行けない日が多く、家で自主的に勉強をしないといけないのが大変だった。

    Summer

    部活が終わり、学校に残って勉強したり、学校の帰りに自習室に行くようになった。

    秋冬

    Autumn&Winter

    行きたい大学の過去問をたくさんコピーして個別指導や自習室でひたすら解いた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

弓道部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年10月

志望大学・学部を決めた理由

自分が学びたいと思うことを学べそうだったから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
偏差値

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年4月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校1年10月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

授業についていけなくなり、テストの点数が悪くなったこと。
個別だと自分のペースで勉強ができ、先生もしっかり教えてくれると思ったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

塾に入る前はクラスの順位が二桁だったけど、塾に入ってからは一桁になった。