「みんなに丁寧な指導」広島修道大学合格(2021年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2021年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 広島修道大学私立

    国際コミュニティ学部

  • 藤田 航太朗さん
  • 出身高校
    五日市高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis五日市校

マンバメンタリティ

受験当日に不安にならず自信を持つためには今誰よりも努力するしかない。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

みんなに丁寧な指導

塾長はたくさんの生徒がいる中で誰一人も手を抜かず1対1で指導をしてくれた。小論文の試験を受ける生徒の数だけある入試の課題図書も全てを読み一人一人に練習問題を考えてくれた。本番ではたくさんの問題を解いてきたことが自信になって落ち着くことができた。

受験生活を振り返れば、
悩んだり落ち込んだり焦ったり…
そんな時、 支えて一緒に乗り越えてくれた人へ、
感謝のメッセージ

家族、友達、先輩、先生方

常に自分のそばにいて応援し励ましてくれてありがとうございます。家族にはしてもらってばかりで何一つ恩返しできていなかったのに自分を支え続けてくれたことに感謝してもしきれません。友達のみんなには頑張っている自分を見て頑張れの言葉をかけてもらったり落ち込んでいる時には勇気づけてくれた。先輩には自分がたくさんの大学のことについて調べるために手伝ってくださったり自分の悩みを聞くために時間を割いてくれた。そして先生方には夜遅くまで自分の志望理由書などを完成させるのに何度も手伝ってもらった。また面接の指導なども手伝ってもらったおかげで自信を持って試験に挑めた。
たくさんの人のおかげでこれまで頑張ってこれたので大学に入っても頑張りたい。

先生からのコメント

不器用ながら、丁寧に課題をこなしていく藤田くんの姿が印象的です。また、常に礼儀正しくある様も印象に残っています。ある時は、駐輪場の整備も自主的に手伝ってくれましたね。そんな藤田くんだから、最後に合格を勝ち取れたのだと思います。その姿勢を変えることなく、大学生、社会人と成長していってください。合格おめでとう!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

尊敬している人に見守ってもらう

スマホや部屋の壁紙を尊敬している人の写真や言葉にするとさぼろうとした時にここでサボったら尊敬している人に失礼だと思って頑張れる。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 毎日部活動に明け暮れて勉強は二の次だった。この頃はまだ大学のことを気にもしていなかった。

  • 高校2年

  • 部活動では自分達の代になりより熱心に取り組んでいた。先生方からはしつこいほど大学を考えろと言われたが気にしていなかった。

  • 高校3年

  • Spring

    部活動は夏で引退するので本気になって大学のことについて考えるようになった。今までの勉強をする習慣がなかったので辛かった。

    Summer

    部活動を引退して一日10時間勉強をすること目標に頑張って一日中勉強していた。

    秋冬

    Autumn&Winter

                                            

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

硬式野球部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年10月

志望大学・学部を決めた理由

将来どんなことをしたいかを考えてそのためには何を学ぶべきかを調べてそれを学べるところにした。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の夏休み

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年7月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

一人で勉強しようとするとサボってしまうから強制的に勉強せざるを得ない状況を作るため。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

小論文の指導をしてもらったが添削してもらう度に時間をかけずに書けるようになった。