「周りの支え」和歌山県立医科大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 和歌山県立医科大学公立

    保健看護学部

  • S.Hさん
  • 出身高校
    向陽高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis和歌山校

メリハリ

勉強ばかりでなく、リラックスできる時間を取り入れた。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

周りの支え

長く辛い受験シーズンを乗り越えることができたのは、先生方やまわりの友達のおかげです。何時間も自習室にこもって勉強していると孤独感や悲壮感に苛まれ、勉強する気が失せてきます。しかし、友達とリフレッシュするために外に出たり、話をすることでリラックスすることができました。また、模試の点数が落ちたり、スランプに陥ったりすると先生がアドバイスをくださったので少し心が軽くなりました。授業の時間もずっと問題を解くだけでなく、先生の体験談を聞けたので自分も実践してみようと思ったことがありました。受験は団体戦というのはまさにこのことだと思いました。

先生からのコメント

いつも明るく授業を受けてくれていましたが、受験直前の集中力はさすがだなあと思いました。最後までよく頑張りましたね。
合格おめでとうございます!これからもその明るい笑顔で周りを照らし、夢に向かって頑張って下さい。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

同じ教材を何周もする!苦手は早いうちに克服!

私は数学が苦手だったので、高2の1月から学校の教材を何周もしました。問題の出方を知ることができるので、同じ教材を何周もするのがおすすめです。また、この時期からAxisに通い始めたこともあって、わからないところをすぐに先生に聞くことができました。わからないところをそのままにせず、すぐに聞くことが大事だと思います。早いうちから勉強しておくことで、模試でつまずくことが少なくなると思います。苦手な数学ををそのままにせず、すぐに先生に質問できたので、本番ではいつも通りの安定した点数を取れました。勉強は問題に慣れることが大事だと思います。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 部活で精一杯だったので平日は1時間も勉強していなかった。しかし、定期テストは頑張った。

  • 高校2年

  • この頃から受験を意識し始めた。苦手科目を早いうちから取りかかった。

  • 高校3年

  • Spring

    英語、数学、国語を主に勉強した。部活もしながら他の人と差をつけようと頑張った。

    Summer

    自分で1日の計画を立てて計画通りに勉強した。国語や英語などの読み物は毎日するようにした。

    秋冬

    Autumn&Winter

    時間を測って演習をした。点数よりも何を間違えたかを気にするようにした。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

ソフトテニス

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年12月

志望大学・学部を決めた理由

将来なりたい職につくため。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年1月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

6時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

10時間以上

定期試験は何日前から勉強した?

10日くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

模試の化学基礎の点数がのびない。
模試のとき直し、先生に質問。

アクシスについて

入会時期

高校2年3月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

高校3年生で受験シーズンとなるタイミングで勉強に集中するために塾に入りたいと思った。
小学生、中学生のときに通っていたため能開の先生方への信頼があった。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

お世話になっている先生のためにもいい点数を取りたいと思い始めたことから定期テストに対する態度が変わった。この思いから7割、8割をキープすることができた。