「周りの環境」大分大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 大分大学国立

    教育学部

  • 熊谷 志隆さん
  • 出身高校
    岡山操山高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis上道駅前校

自信を持て

自信を持つことで、自分の力を出し切ることができるから。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

周りの環境

私は受験期に入っても勉強する習慣がなかったが、その習慣を身につけることができたのはAxisのおかげだ。学校と自宅の間にあり、下校時に立ち寄るようになった。その時に担当の先生や顔なじみの先生がよく話しかけていただいて、とても居心地がよく、アットホームな環境だった。特に塾長の先生とはとてもやさしく、小学5年生からの関係であったということもあり、いつも気さくに話しかけてくださった。私が自信がない時も鼓舞してもらい、支えていただいた。一般前期試験が高倍率で自信がなかったが、先生方は全員私のことを信じていただいて合格することができたので、先生方には本当に感謝している。

先生からのコメント

合格おめでとうございます。塾の授業中に学習したことを確実に吸収し、次々と自分の力に変えていく熊谷くんの様子はとても印象的でした。大学受験を乗り越えた経験は、確実にこれからの人生において糧となり、力になってくれます。Axisで培った学習技術と粘り強さ、そして持ち前の明るさでさらに躍進して下さい。今後の活躍を心より願っています。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

当たって砕ける

いろいろな大学の過去問を多く解いて、入試数学の傾向を掴んだ。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 難関大学に進学する気はなく、教員になることが夢であったので教員免許の取れる大学ならどこでもいいと考えていた。そこそこの大学ならそんな勉強しなくても入れると思い、部活動に熱中していた

  • 高校2年

  • 中学時に比べて学力が落ちてきていたので、勉強しなければいけないと考えていたが、部活動が終わった後は整骨院に日々通わなければならず、帰宅すると22時でそこから夕食を食べていたので、家庭学習の習慣がほとんどなかった。

  • 高校3年

  • Spring

    高校2年時と同じで毎日整骨院に通っていたため、家庭学習の時間は少なかったが、それでも受験生ということで、少しは家でも勉強に取り組むようになった。

    Summer

    部活動も引退し、部活動の熱をそのまま勉強に注ごうと考えていたが、そんなに簡単に学習習慣がつかず、ゆるく勉強していた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    共通テストが近づいてくるにつれ余裕がなくなってきて勉強に取り組むようになった。共通テストの成績が悪かったが、もうしょうがないと開き直って、二次試験の勉強に打ち込むことができた。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

剣道部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年7月

志望大学・学部を決めた理由

夢を実現するため。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

定期試験は何日前から勉強した?

3日くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

共テ1ヶ月前に国語の点が急に全然取れなくなった
解消できなかった

アクシスについて

入会時期

高校2年10月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

小中学校時代から個別指導Axisに通っていたこと。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

共通テスト前は英語と国語の授業を受講した。英語は共通テスト模試でリーディングがもともと30点台だったのが、共通テスト直前には6割くらいとれるようになった。国語の授業では主に古文漢文に取り組んだ。古文は基礎固めができたものの共通テスト模試での点数はあまり伸びなかった。漢文は8割くらいの点数が平均的にとれるようになった。2次対策では数学を受講した。過去問をどんどん解いていく授業形態だった。受験校だけではなく、同レベルの大学の問題にも取り組んだ。そこで入試数学の傾向をつかむことができ、一般前期試験で合格することができた。