「素敵な先生方と充実した施設」安田女子大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 安田女子大学私立

    現代ビジネス学部

  • 長谷川 樹莉さん
  • 出身高校
    比治山女子高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis五日市校

開けない夜はない、止まない雨はない

辛いことや悲しいことがあっても必ず明日はくるし、雨が止んだら晴れ間が出て気分も上がる。ずっと雨ばかりの人生なんてない。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

素敵な先生方と充実した施設

勉強面での分からないことだけでなく生活面での悩みなど、気軽に話せる先生方と出会えたため、塾に来るのが苦ではありませんでした。また、広い自習スペースが設備されており、勉強したいときに気軽に塾に足を運ぶことができました。試験週間は特に塾に来る機会が多かったので、悩みや分からないことはないか先生方が気にかけてくださり、とても嬉しかったし、励みになっていました。相談事があったときにいつでも先生方に声をかけることができる環境が整っていたので、受験期は本当に心強かったです。Axisを選んだ4年前の自分の選択に間違いはなかったと心から思います。

先生からのコメント

何事も笑顔で、最後までやり切りましたね!志望校が決まってからは、惑わされることなく真っすぐにここまできました。これから、やりたいことがたくさんあるかと思いますが、焦らずに一つ一つを丁寧に経験してください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

分からないをなくそう!

英語の授業の種類が多く、その分英語の試験数も多かったため、新しい単語や熟語、文法を覚えるのに苦労しました。試験週間にそれらの勉強に時間を費やし英語以外の科目が疎かになってはいけないため、授業中や普段の復習時に分からない単語や熟語だけ小さなメモ帳に書き込み、それを持ち歩いて暇な時に見るようにしました。また、模試や過去問などの長文問題に時間をかけすぎて見直しができないことが多々ありました。長文問題に慣れるために塾や学校で長文問題を繰り返し解きました。数をこなしていくことで着実に問題を解くスピードが速くなっていくのを実感しました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 学校で高校1年生の時から大学を見据えた話を多く聞く機会があり、またその頃から推薦で受験することを視野に入れていたため、常に成績を意識して日々の学習や定期試験、英検の勉強に力を入れていた。試験前は放課後や土曜に塾の自習室を利用していた。日本史が苦手で点が伸び悩んでいたため、試験の3週間前からコツコツと本格的に勉強していた。通学時の隙間時間を活用し、JRやバスで小テストや検定の勉強をしていた。

  • 高校2年

  • 高校1年生の頃には大学で学びたいことが決まっており、その頃から志望校を複数絞っていたが、専願で受ける大学を1校に決めるのにたくさん悩んだ。家族や塾の先生に相談に乗ってもらい、多くの意見を聞くことで高2の終わり頃に志望校を決定した。

  • 高校3年

  • Spring

    成績が重要だったため定期試験の勉強に最後まで力を入れていた。

    Summer

    志望校と受験する入試方法を早い段階から決めていたため、その推薦の対策と並行して一般入試の過去問に取り組んでいた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    入試のために面接練習を多くこなした。オンラインでの練習や初対面の先生方との練習をすることができて、本当にありがたかった。自分に自信がつき、今後社会に出ても役立つであろう力を身につけることができた。

my 高校生活プロフィール

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年3月

志望大学・学部を決めた理由

・学びたいことが学べるのかどうか
・女子大
・留学制度と期間

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
その他(留学制度)

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3以前から

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

4時間

定期試験は何日前から勉強した?

2週間くらい前

アクシスについて

入会時期

中学2年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

広い自習スペースが設備されており、勉強したいときに気軽に塾に足を運ぶことができたため。また、分からない問題や相談事があったときにいつでも先生方に声をかけることができる環境が整っていたため。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

中学生の頃は数学が1番の苦手科目だったが、高校生になって塾で数学の勉強に力を入れるとクラス1位になることができた。塾に通い始めた頃から英語を受講しており、定期試験では常に高得点をキープできた。