「アットホームな塾」大阪大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 大阪大学国立

    工学部

  • 小林 尚廉さん
  • 出身高校
    東筑高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis黒崎駅前校

人事を尽くして天命を待つ。

試験当日は自分のやってきたことを信じて、粘り強く頑張るのが大事。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

アットホームな塾

私は、部活を引退してから、約8か月の間、学校が終わってはAxisに行き、自習を10時までするという生活を繰り返していました。この生活を続けることができたのは、同じ塾に通っている友達、親しみやすい先生方がいたからだと思います。もし、自分1人で孤独に勉強していたら、勉強することに嫌気がさして、ストレスが多く、苦しい受験生活になったと思います。でも、友達と一緒に大量のお菓子を買ったり、恵方巻きを食べたり、先生方とたわいもない話をすることで、私は適度に勉強のストレスを解消して、本当に1年間楽しく受験勉強に取り組むことができました。

先生からのコメント

大阪大学合格おめでとうございます。バスケットボール部との両立は大変でしたが、上手く時間を使って効率よく学習したため次第に模試での結果が上がってきました。するべきことをきちんとする姿勢は、他の高校3年生だけではなく受験生全員にとって良い刺激となりました。毎日、アクシスで勉強してくれて本当にありがとうございました。大学では、色々な経験をして早く興味のある分野が見つかると良いですね。期待しています。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

分析

私は、高校1、2年生の時は部活動で忙しく、なかなか勉強時間を取ることができていませんでした。そこで、高校3年生の受験期に入った時に、最短で志望校に合格するための学力を得るために、効率の良い勉強法や自分の目的にあった参考書を調べたり、過去問を解いて今の自分に何が足りないのかを分析したりしました。また、夏休み前や夏休み後、共通テスト1か月前や共通テスト後など、区切りの良いタイミングで、現状の自分に足りないこと、それを補うために何をすればいいのか考えて、それ以降の勉強の方針に役立てていました。皆さんも、自分を分析して戦略的に勉強して、志望校合格を目指してください。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 高校生活が思っていた以上に、部活や朝課外などで忙しく、中学の時に比べて勉強できていなかった。

  • 高校2年

  • 高校の理系難関クラスに入れたことがきっかけで、勉強のモチベーションが上がった。

  • 高校3年

  • Spring

    現状の学力では、志望大学に受からないだろうという焦りもあり、部活動の合間など勉強時間を作り出していた。

    Summer

    部活動が終わり、本格的に受験勉強が始まっていたので、自分のやりたいことを計画的に進めていた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    夏の勉強のおかげで、成績が伸びたことで、模試の結果がだんだん良くなったこともあり、それを自信にして、継続的に勉強をした。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

バスケットボール部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校1年7月

志望大学・学部を決めた理由

学校の先生に勧められたから。

大学選びで最も重視したのは

偏差値
場所

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校2年2月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

10時間以上

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年6月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

自宅では勉強に集中しにくかったので、自習できる場所を探していた。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

夏前C判定から、夏後にB判定、秋にはA判定が安定して取れるようになった。