「丁寧な教え方のおかげで」関西大学合格(2022年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2022年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 関西大学私立

    総合情報学部

  • 都築 拓朗さん
  • 出身高校
    済美高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis松山市駅校

自信は努力から

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

丁寧な教え方のおかげで

Axisの先生方はとても丁寧に教えてくれました。
国語では活用や重要語句など基礎が抜けていましたが、教科書の最初の方の内容から、分かりやすく説明してくれました。徐々に難易度を上げていくことで、やがて実戦問題に対応できるようになりました。
英語ではテストでの対処法、つまり時間配分も教わりました。問題ごとに時間配分を決め、制限時間内に問題を解き切ることができるようになりました。自宅ではあまり集中できないので、Axisの自習室は多く利用しました。集中しやすい環境で、効率よく勉強することができたと思います。進路について先生方に相談したこともありました。とても話しやすく、心強かったです。

受験生活を振り返れば、
悩んだり落ち込んだり焦ったり…
そんな時、 支えて一緒に乗り越えてくれた人へ、
感謝のメッセージ

自分が勉強に集中できる環境をもたらしてくれてありがとうございました。受験についても、自分が行きたい道を否定せずに応援してくれたので、合格できたのだと思います。本当にありがとうございました。

先生からのコメント

都築君、合格おめでとうございます。素直な性格が印象的でしたが、自分の得意・不得意についてよく理解していることも印象に残っています。特に不得意分野に対して、粘り強く取り組んでいましたね。授業中も「力を伸ばしたい」という意欲がよく伝わってきました。苦手意識を持っている分野には、基本的なところから丁寧に指導するように心掛けましたが、素直な性格が幸いしたのでしょう、本当に良く伸びましたね。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

長文を読解しながら英単語を補う

夏休みに入ってから、長文問題に取り組み始めました。意味の分からない単語は辞書を使って意味を確認し、読み進めました。新しい単語を覚えたり、記憶にあっても意味を覚え切れていなかった単語を再確認できたり、得ることが大きい勉強方法でした。単語帳に辞書で調べた単語を書き写して、暗記しました。私立大学は、入試傾向がそれぞれ大きく異なるので、入試過去問を数多く解いて、出題パターンに慣れるように心がけました。いきなり第一志望にチャレンジするのではなく、難易度を確認しながら徐々に易しい問題から難しい問題へとレベルを上げていくことで、解きやすく感じるように工夫もしていきました。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • テストの結果や模試の成績がよくなく、勉強時間を少しずつ増やしていった。

  • 高校2年

  • 英語の成績を上げるため、単語の勉強に力を入れるようになった。

  • 高校3年

  • Spring

    日本史の教科書を、最初のところから覚え始めた。

    Summer

    英単語や古典文法、古文単語の確認を始めた。特に英単語・古文単語は単語帳を使いながら覚えた。志望大学の過去問にも取り組み始めた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    共通テスト対策の演習と、私大一般入試の過去問を本格的に解き始め、実戦問題を繰り返して「慣れ」をつくっていった。

my 高校生活プロフィール

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年5月

志望大学・学部を決めた理由

もともと関西地方の大学に行きたかったから。情報について学ぶことは、将来役に立つと思ったから。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
場所

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年4月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の夏休み

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

英語と国語が苦手で、鍛える必要があると思ったから。学校から近く、自習室が充実した環境だったのでAxisを選びました。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

英語の問題が解きやすくなり、模試では安定して高い点を取れるようになりました。国語では古典を基礎から学び直し、徐々に点数を上げることができた。