「大学の結果発表」広島国際大学合格(2024年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2024年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 広島国際大学私立

    保健医療学部

  • 服部 唯さん
  • 出身高校
    広島桜が丘高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis五日市校

努力したら報われるわけではない、報われるまで努力し続ける

サッカー選手のメッシの言葉で、やっぱり努力したら必ず報われるわけではないから、報われるその時まで努力することが大切

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

大学の結果発表

高3の遅い時間に勉強を始めたので、それなりに不安が多くありましたが、授業では英語の分からない文法があったりしたとき教えてもらえたり基礎からひとつひとつ教えてくださりこれは個別指導のいいところでありました。また、自習室ではそれぞれの席が区切られており周りの目などを気にすることなく、自分のやらなくてはならない課題や問題に集中して解くことができました。それに加えて、先生が進路の相談や自習室では回ってくれているため、困ることが少なく、また1人で考えて落ち込んでしまうことがなくとても居心地良く勉強できました。

先生からのコメント

合格おめでとう!不安を内心には抱えながらも、口では強気な言葉を発して自分を奮い立たせていたね。揺るぎない将来の夢があるからこそ、希望の大学へ入るんだという気持ち。これが、推薦での合格に繋がりました。時間ではない。気持ちなんだと。その強い気持ちをこれからも持ち続けて、救急救命士になってください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

基礎を覚えてひたすら問題を解く

まず数学では教科書などで基礎を把握した後、基礎問題や応用問題を解いてとにかく慣れる。また、英語では長文をなるべく読む回数を増やして英語に慣れる。文法などでは参考書や授業を用いて基礎的なことから応用までを理解する。英単語はひたすら英単語帳を読む。最後に模試や過去問を解いてみたりして、自分に自信をつける。また、必ず間違える問題があると思うので、その問題をもう一度解いて最低でも3回以上解くようにして、その後に教科書を見直し基礎問題を解いて次やるときにミスがないようにする。そして、必ず毎日1時間でもいいから勉強をする習慣をつける。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • サッカー部に入部し毎日部活をして一度も自習をしたことがなかった

  • 高校2年

  • サッカー部のトップチームに昇格し遠征などに対同することが増え勉強することが定期試験一週間前しかやることがなかった。

  • 高校3年

  • Spring

    周りが進路の話を始め、なりたかった救急救命士になるため広島国際大学の救急救命学科に進むことを決める。

    Summer

    勉強をしないといけないことに危機感を感じAxisに入塾し夏期講習などに参加した

    秋冬

    Autumn&Winter

    Axisの授業で苦手な英語を克服して、無事広島国際大学の救急救命学科に合格しました。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

サッカー部

部活引退時期

高3秋

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年5月

志望大学・学部を決めた理由

救急救命士になりたいと思ったから

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容
就職先・就職率

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年5月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の9月~10月

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

7時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

過去問が思い通りに解けなっかったり、勉強のやる気を失った時
受験が終わったら楽しいことが待っていると考え、終わったらしたいことを考える

アクシスについて

入会時期

高校3年5月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

個別指導で一斉の授業とは違い知識が深められると思ったから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

第一志望の大学に受かれましたし、高3の遅い時期に勉強を始めましたが苦手教科の克服ができました。