「共通テスト、前期試験前の追い込み」広島大学合格(2024年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2024年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 広島大学国立

    工学部

  • 近藤 真温さん
  • 出身高校
    高崎高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis高崎校

時間より質、やる気

夏休みから勉強を始めていたが試験直前で目標点数に届かない焦りを感じて集中して勉強した方が伸びた。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

共通テスト、前期試験前の追い込み

学校で共通テスト演習が始まると思っていたよりも全然点数が取れずかなり焦った。本番までそんなに時間は残されていなかったが発展的な内容に取り組んでもしょうがないので急ぎめに基礎から詳しく教えてもらった。その結果大きく点数を落とすことなく、志望大学に必要な点数は取ることができた。共通テストが終わったあとは数学IIIに取り組んだが忘れている内容が多くまたもや焦った。前期試験直前の最後の塾の授業で苦手だった内容を詳しく教えてもらい、そこの範囲が本番の試験で出題されたので先生のおかげだなとありがたみを感じながら解いた。

先生からのコメント

真温くん、合格おめでとうございます。
第一志望、夢に向かっての一歩を着実にスタートさせましたね。夏の引退から一気にギアを入れ替えてコツコツ努力した結果の賜物です。大学ではまた野球やりますか?勉強にアルバイトにぜひ大学生活を楽しんでください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

模試の復習

模試を受けた直後に間違えた問題を解答冊子を見ながら間違えた理由を考え、ケアレスミスなのか、内容が抑えきれていなかったのか判断して時間をかけて解き直してみる。参考書での学習が全く進まなくなったが間違えた箇所は次も絶対間違えるので弱点をなくすには模試の復習が一番効率が良いと思って時間をかけて取り組んでいた。3年生の2学期の怒涛の模試ラッシュで何回も間違えた内容は教科書レベルまで戻ってみたり難しいけどよく出る問題に関しては塾の先生に教えてもらったりなど、とにかく弱点を意識するようにして勉強をしていた。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 勉強に多少不安を感じていたが、部活動と中学の友達との遊びに夢中だった。

  • 高校2年

  • 勉強、部活動ともに忙しくなったが大量の課題を片付ける程度の勉強で済ませていた。

  • 高校3年

  • Spring

    勉強に少し力を入れようかと思いながら、部活で活躍したいと思い部活動に対して努力をした。

    Summer

    努力を重ねた部活動を引退し熱が冷めないうちに勉強にシフトした。

    秋冬

    Autumn&Winter

    実際に点数が出てくると時間の割に目標に届いていないことが発覚し焦りながら勉強をした。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

軟式野球部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校2年11月

志望大学・学部を決めた理由

住みたいと思った場所であり、偏差値的にもちょうどよかったから

大学選びで最も重視したのは

場所

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年8月ごろ

過去問を使い始めた時期

高3の11月以降

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

3時間

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

8時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

スランプについて

スランプを感じたことはありますか?

はい

その内容と解消方法

共通テスト前に思うように点が取れなかった。

ひたすら共通テスト演習問題を解いた。

アクシスについて

入会時期

高校3年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

部活動を引退して受験勉強を始めるときに友人が通っていたから。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

定期テストに合わせて基礎内容を確認して苦手なところも悪い順位を取ることなく安定した順位で落ち着けた。