「面接、集団面接」広島修道大学合格(2024年度)大学受験体験記

閉じる
  • 2024年度合格

    • 入試制度

    • 推薦

  • 広島修道大学私立

    人文学部

  • 末弘 優依さん
  • 出身高校
    広島工業大学高等学校

    出身校舎 :
    個別指導Axis五日市校

努力は必ず報われる

学校の先生が地頭は悪くても努力は必ず報われるから努力することが大切と言われたことだ。

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

面接、集団面接

学校で面接や集団面接の練習をしていたが、それだけではうまくできないことがあった。しかし、塾の先生が面接や、集団討論の練習に付き合ってくれたことでわからない面接の質問や、よく出る面接の質問を教えてくださったことで、面接や集団討論を完璧にすることができるようになった。それだけではなく塾の同じ学科を受ける友達と集団討論をする機会があり、課題図書の内容をどのように捉えているのかを知ることができ、集団面接の予習ができた。
Axisのオンライン家庭教師では、小論文の書き方がわからないときすぐに先生に聞くことができ解決することができた。

先生からのコメント

合格おめでとう!!数カ月間、この推薦のために駆け抜けてきました。ときには、やる気が空回りしたり、思うようにいかなくて涙したりしたことがあったけど、最後に、全力の笑顔が見られてホッとしました。自分の考えていることを、言葉で表現するということはこれからに必要な力だと思います。大学生活で、どんどん自分磨きをして良い幼稚園の先生になってください。

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

繰り返しすること。

とにかく課題図書を熟読する。まずは章やタイトルごとに内容をまとめる
。これを何回も繰り返す。課題図書の内容がわかってきたら、先生や自分で問題を考える。例えば300字程度で文章を書いてみる。わからない単語や日本語があった時はきちんと調べてわかるようにすること。課題図書を読みどこが聞かれても答えられるようになるまで熟読することが大切。
次に集団討論では友達や同じ学部の友達と協力して実際に討論をしてみることが1番重要だ。そうすると集団討論の流れや話し方がわかるようになる。YouTubeで集団討論のやり方を見てみるのも重要だ。

合格までの高校3年間ストーリー

  • 高校1年

  • 高校1年生の頃は、学校から帰っても勉強はしていなかった。ただ、課題だけをやっている生活だった。定期テストがあっても、勉強することなくテストを受けていた。

  • 高校2年

  • 高校2年生の頃は、定期テストが近くなると1週間前から学校や公民館に残って一生懸命に勉強した。わからない問題があるときには先生に聞きに行ったり、友達に聞いてわからないところを克服することができた。

  • 高校3年

  • Spring

    志望校を決めるためにいろいろなオープンキャンパスに参加した。定期テストが近くなると2年生の時と同じように一生懸命勉強した。

    Summer

    志望校が決まり、塾にも入り本格的に受験勉強を始めた。学校が終わると塾に行き、毎日10時まで勉強した。学校でも休憩時間勉強することもあった。夏休みに入ると毎日勉強することが当たり前になり、塾の自習室にこもっていた。

    秋冬

    Autumn&Winter

    夏休みの時と同じように、学校が終わると毎日塾に行き勉強をした。面接や集団面接の練習も1週間に1、2回程度するようになった。

my 高校生活プロフィール

部活について

部 活

バトミントン部

部活引退時期

高3夏

志望大学について

志望大学を決めた時期

高校3年7月

志望大学・学部を決めた理由

私は幼稚園教諭を目指している。修道大学では幼稚園教諭の免許を取ることができると知ったからだ。

大学選びで最も重視したのは

学びたい内容

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

高校3年7月ごろ

過去問を使い始めた時期

使用していない

高校1年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校2年 夏休みの1日の勉強時間

2時間以下

高校3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

入会時期

高校3年8月

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

1番のきっかけは友達の紹介です。友達が学校終わりに毎日塾に行っているのを見ていて私も塾に入って受験勉強を頑張ろうと思った。

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

小論文の書き方がうまくできるようになった。