「個別指導Axisに通って」向陽高等学校合格(2021年度)高校受験体験記

閉じる
  • 2021年度合格

    • 入試制度

    • 一般

  • 向陽高等学校公立

  • 川口 優華さん
  • 出身校舎 :
    個別指導Axis和歌山校

    入会時期 :
    中学1年3月ごろ

受かる!!

受かるという自信を持つとやる気がでるから

個別指導Axisに通ってよかった!と思う体験談

個別指導Axisに通って

個別指導Axisの良いところは、個別指導なのでわからないところがあればすぐに聞くことができるし、通っている生徒が気持ちよく利用できるようにしてくれているので集中することができ、良い環境で勉強が出来ました。先生が私の苦手な範囲をきちんと理解し、その範囲を徹底して教えてくれたり、受験勉強が大変な時や不安な時には励ましてくれるなど生徒一人一人に対して親切に接してくれました。他にも、授業のない日は自習室で勉強することができて、集中して勉強をすることができました。これらのことが私が志望校に合格した理由だと思っています。

先生からのコメント

入会当初はバレー部との両立で辛い時もあったと思いますが、ほとんど休まず頑張ってくれました!映像授業も時間通りにきちんと受講できていて、勉強の前向きな姿勢が実を結んだのだと思います。この勢いをなくさず充実した高校生活を送れるよう祈ります!

後輩に伝えたい!合格のポイントになった勉強法

勉強法

私は、最初社会をきちんと理解せずに丸暗記して覚えていました。その頃は、何をしても点数が伸びずに悩んでいました。しかし、勉強法を変えると初めに過去問を解いた時から20点も点数が上がりました。その勉強法は学校やアクシスで買った問題集や過去問を何度も繰り返し、単語の意味を理解するまで解説を読み、アクシスの先生にも教えてもらいました。他にも、教科書に載っている表やグラフ、人物の顔、年号も一緒に覚えることにしました。きちんと理解せずに覚えるとすぐに忘れてしましましたが、勉強法を変えることによって定着し、点数が上がりました。

合格までのストーリー

  • まだ部活があって受験はまだまだ先だと思ってあまり勉強していなかった。受験という意識もあまりなく、志望校も決まっていなかった。

  • 夏休み

  • 部活が終わって少し受験の意識が出てきた。友人と遊ぶことも少しあったが、前より勉強をするようになった。

  • 志望校の模試の判定は最初は良くなかった。何回か模試を受けていくと慣れて最後には良い判定が出るようになった

  • 私立の受験が1か月前になった。だから毎日真剣に苦手な範囲をの勉強に取り組んだ。私立の模試の判定で志望校が微妙だったので不安だった。

  • 入試直前

  • 公立の受験の1カ月前で最後に悔いが残らないように一生懸命苦手な範囲を勉強した。

my 中学生活プロフィール

部活について

部 活

バレーボール

部活引退時期

中3夏

志望校について

志望校を決めた時期

中学3年11月

志望校を決めた理由

場所が家から近く、偏差値が高いから

高校選びで最も重視したのは

偏差値
場所

勉強時間など

受験勉強を始めた時期

中学3年12月ごろ

過去問を使い始めた時期

中3の11月~12月

中学3年 夏休みの1日の勉強時間

5時間

定期試験は何日前から勉強した?

1週間くらい前

アクシスについて

個別指導Axisに通い始めたきっかけ

体験したときに丁寧に教えてくれてわかりやすかったから

個別指導Axisで
成績がどのように上がりましたか?

学年が上がっていくにつれて、勉強の内容は難しくなっていく中で、1年の時の成績をキープすることができました。