学校別対策|鳥取県の中学校

アクシスでは、鳥取県のすべての中学校にお通いの方を対象に、
学校の成績アップに向けた地域密着の個人別対策を行います。

鳥取県内の中学校で使用している教科書に準拠した教材を使用し、学校と本人の理解度に合わせた進度で授業を進め、定期試験での得点アップをめざします。

鳥取県内の公立中学

鳥取西高校・鳥取東高校・米子東高校・米子西高校など、普通科進学校を目指すなら、5教科でそれぞれ高い水準の得点を要求されます。1教科でも苦手があると合計点で後れを取ってしまうため、5科目全体を入試に対応できるレベルまで強化しておく必要があります。また実業系の高校に関しても、各科目の確実な基礎学力を身に付け、入試に対応できるレベルにしておく必要があります。鳥取県では令和5年度より特色入試が始まり、受験要件として各高校が定める中学校評定の水準をクリアする必要があります。今まで以上に学校の定期テストの点数が重視されるようになるため、そのため各定期テスト毎にしっかりと対策を講じていく必要があります。アクシスでは学校進度に合わせた対策から個人別レベルに合わせた振り返り学習まで幅広く対応しております。定期テスト対策は勿論、高校入試問題レベルに至るまで、一人一人に合わせたプランで学習を行う事が出来ます。

科目 教材
英語 東部:New Horizon(東京書籍)、中部・西部:Sunshine(開隆堂)
数学 未来へ広がる数学(啓林館)
国語 東部:教科書(光村図書)、中部・西部:新しい国語(東京書籍)
理科 未来へ広がるサイエンス(啓林館)
社会 東部:地理(帝国書院)、歴史(東京書籍)、公民(東京書籍)、中部・西部:地理(帝国書院)、歴史(帝国書院)、公民(日本文教出版)

鳥取大学教育学部附属中学校

鳥取大学教育学部附属中学校の授業は公立中学校と比較して進度が非常に速いのが特徴で、演習・定着を自宅学習にて徹底する必要があります。また独自の「附中模試」をはじめ、定期テスト・実力テストなど多くのテストが実施されます。その設問難易度も高く、単なる知識暗記だけでなく、その知識を活かす思考力・論理力・想像力を求めるものとなっています。生徒の多くは鳥取市内トップ高である西高への進学を希望する傾向が強いです。アクシスでは学校進度と個人別学習進度に合わせて内容をしっかりと定着させる解説・演習に加え、実戦的な問題にて学校テスト・入試で求められる能力を養います。

科目 教材
英語 New Crown(三省堂)、必修テキスト、新中学問題集
数学 未来へ広がる数学(啓林館)、新中学問題集
国語 新しい国語(東京書籍)、αスタンダード、Keyワーク
理科 未来へ広がるサイエンス(啓林館)、ウイニング
社会 地理(帝国書院)、歴史(東京書籍)、公民(東京書籍)必修テキスト

その他対応中学

  • 鳥大附属中
  • 青翔開智中
  • 米子北斗中
  • など国立・私立中学校
  • (公立中)
  • 西
  • 高草
  • 湖東
  • 桜ヶ丘
  • 中ノ郷
  • 国府
  • 河原
  • 八頭
  • 青谷
  • 東山
  • 福生
  • 福米
  • 湊山
  • 後藤ヶ丘
  • 美保
  • 弓ヶ浜
  • 尚徳
  • 加茂
  • 淀江
  • 箕蚊屋
  • など公立中学校
鳥取県内の中学校で用いる教材例
科目 教材
英語 NEW HORIZON(東京書籍)・SUNSHINE ENGLISH COURSE(開隆堂)
数学 未来へひろがる数学(啓林館)
国語 国語(光村図書)
理科 未来へ広がるサイエンス(啓林館)
社会 中学生の歴史(帝国書院)、中学生の地理(帝国書院)、新しい社会 公民(東京書籍)