アクシスの
苦手克服・弱点補強対策
こんな方にオススメ
  • 自分一人では手をつけられない苦手教科がある。
  • どうやって勉強したらいいかわからない。
  • 入試教科の中に足を引っ張る教科がある。
  • 成績が上がったり下がったりして安定しない。
  • わからないところをなかなか質問できない。
  • がんばっているのに目標点にどうしても届かない。

単に理解と反復が足らないところが「弱点」。
理解しようにも理解できないのが「苦手」。
つまり、得点が伸びない科目は、

理解しないままに放ったらかしにしていたり
反復が足りずに覚えきれていないだけなのです。

苦手教科はどうしても手付かずになってしまい、
どんどん苦手になっていくものです。
復習しようと思っても、よくわからないままだと復習のしようもなく、
また授業もどんどん進んでいってしまうので、
克服のタイミングを逃してしまうのです。
でも、受験を突破するためには避けて通ることはできません。
苦手克服は誰もが一つは抱える悩みです。

理解しないまま過ぎてしまった
単元の見極めが大切。

点が伸びないからやらない、やらなければますます苦手意識が強くなる。
そんな悪循環から抜け出すには、
「弱点」を見つけて覚えるまでひたすら繰り返すこと。
そうすることで必ず「苦手」意識はなくなります。
苦手を克服しようとすると、つい初めからすべてやり直そうと思いがちですが、
それでは効率は上がりません。
例えば、中3の問題で得点できていないからと言って、
やみくもに中1内容に戻って問題をやるのは時間の無駄。
理解できていない単元だけを戻ってやり直せばよいのです。
つまり理解しないまま過ぎてしまった単元の見極めが大切なのです。

先生と一緒に問題を解いて、解けない問題が出てきたところでストップし、
理解できている問題と理解できていない問題がどこなのかを見極めます。
そのためわかっている内容にムダに時間をかけることがありません。
わからなくなったところまで戻ってじっくり解説を行い、
問題練習をして、理解度を確認しながら少しずつ進んでいきます。
さらに、一度解けたら終わりではなく、同様の問題を解いて、
その単元の問題が完全に解けるようになるまで繰り返し練習するため、
理解があいまいなまま授業が先に進むこともありません。

単元別トレーニングを見る

成績アップに向けて、
アクシスをぜひお試しください!

アクシス
苦手克服・弱点補強対策
ポイント

ポイント①
個人別の学習プラン

アクシスでは個別に学習相談を実施して、現在の学力、つまずきの有無、学校の進度、志望校のレベルなどにあわせて、一人ひとりに具体的な学習プランを提案します。

ポイント②
指導者とのベストマッチング

質問がしやすい、やる気になれるといった、生徒と先生との相性を大切にして、一人ひとりの性格や理解度に合わせて先生を選定します。もしも先生が合わなかった時には、交替も可能です。

ポイント③
いつでも利用できる自習スペース

静かで快適な自習スペースは、家よりも集中できると好評です。定期試験前は、たくさんの生徒が学校からそのまま自習に来て、問題を解いたり、質問をしたりしている光景が見られます。

ポイント④
豊富な自習教材

つまずいた単元の問題をプリントできたり、中学校の教科書のページ範囲を指定すると、そこを出題範囲とする確認テストができるなど、他にもさまざまな自習教材を無料で提供しています。

アクシス先輩

よくあるご質問

体験授業とはどのようなものですか?
実際と同じ授業を1 回~数回(時期によって異なります)無料で受講していただけます。教室の雰囲気や指導者の教え方、学習の流れなどを、体験授業を通して、アクシスが自分に合っているかをじっくりご検討いただける機会です。受講後には、指導責任者より保護者の方へ受講の様子をご報告させていただきます。
ほぼ毎日、部活動があって通える曜日や時間が限られます。
通うのは無理でしょうか?
アクシスの授業は、ご都合に合わせて受講曜日や時間帯を選ぶことができます。部活動で毎日帰宅が遅くなる場合でも、20 時以降にスタートする授業がありますので、部活動と両立しながら通っている生徒もたくさんいます。また、試合や発表会がある時には、前日までの連絡で振り替えが可能です。ご自宅で受講できるコースもありますのでご相談ください。
1教科だけの受講はできますか?
苦手教科や伸ばしたい教科だけを受講することも可能です。
体験授業を申し込むと、入会しないといけませんか?
体験授業は、アクシスが初めての方に、実際の授業や学び方、学習環境などが合うかどうかお試しいただくためにご案内しています。体験授業を通して、しっかりご確認いただいたうえで、ご入会をご検討ください。