学校別対策|奈良県の中学校

アクシスでは、奈良県のすべての中学校にお通いの方を対象に、
学校の成績アップに向けた地域密着の個人別対策を行います。

奈良県内の中学校で使用している教科書に準拠した教材を使用し、学校と本人の理解度に合わせた進度で授業を進め、定期試験での得点アップをめざします。

奈良県内の公立中学校

奈良県の公立高校選抜では、中学2年生1学期から中学3年生2学期の成績が調査者に入ります。つまり、高校入試を突破することを考えると、1年生のうちから学習時間をしっかりと確保し、演習の絶対量を増やすことで定期テストの成績をしっかりと取り続けることが非常に重要です。アクシスではAxisPLUS、オンラインゼミ、個別指導を組み合わせることで学校成績の向上と入試当日の実践力の強化に努めます。

科目 教材
英語 NEW CROWN(三省堂)、NEW HORIZON(東京書籍)、Sunshine(開隆堂)、Blue Sky(啓林館)、Here We Go!(光村図書)
数学 新しい数学(東京書籍)、これからの数学(数研出版)、中学数学(日本文教出版)
国語 国語(光村図書)、現代の国語(三省堂)
理科 未来へひろがるサイエンス(啓林館)
社会 新しい社会 地理・歴史・公民(東京書籍)、中学社会 地理・歴史・公民(日本文教出版)、中学生の地理(帝国書院)

奈良学園中学

幾何・代数に分かれてテストがある上に進度もとても早い数学は、週2回(幾何1回・代数1回)の講座で学校の問題集を徹底的に演習、英語は中学の間に文法力や語彙力を徹底的に身につけることが大切で、新中問を中心に演習実践をしていくことをオススメします。

帝塚山中学

定期考査では、どの科目も記述問題が多く出題されますので、アクシスでは学校進度に合わせ、ただ学校問題集を進めるだけでなく、ノートにしっかりと回答を書き、テストで回答を書ける指導を徹底して行います。また特に理系科目では、定期テスト前に問題集から多くの課題が出されるため、普段から学習する習慣づくりをしながら、アクシスでの授業前後の自習室を積極的に利用することもオススメしています。

奈良学園登美ヶ丘中学校

M4までに中学内容を終えるスピードで授業が進むため、日々の課題や朝テストとの勉強が基礎力強化の軸となります。定期テストでの記述問題も多いため、理解力だけでなく回答を書く力も重要です。アクシスでは学校教材を中心にすべての科目で書く力を鍛えます。

その他対応中学

  • 東大寺学園中学校
  • 西大和学園中学校
  • 育英西中学校
  • 智辯学園中学校
  • 智辯学園奈良カレッジ中学部
  • 聖心学園中等教育学校
  • 奈良女子大学附属中等教育学校
  • ・・・など奈良県全ての中学校